楽天証券と出会うまで

私は証券会社を

まだ楽天証券のみで運用している

投資歴も浅いせいもあるかもしれないし

IPO株投資を主軸にしているわけでもないので

いまのところは 一つの口座だけだ

今後 ジュニアNISAだったり

国内株を一株から買えるSBIネオモバイル証券だったら

口座開設するかもしれないが

いまのところは 楽天証券 のみで間に合っている

みなさんは複数の証券口座をお持ちだろうか

f:id:hurugaki:20200125214728j:plain

携帯電話と楽天証券の関係

①携帯電話の買い替え

確か4年前だったと思う

iPhone4を買い替えるとき

通信料金および端末料金が高額なことを理由に

キャリアをソフトバンクから楽天モバイル

携帯端末はiPhoneからAndroidに変更をした

このときに

はじめて楽天グループとの付き合いが始まったわけだ

ソフトバンクには2年縛りの違約金を払った)

②楽天 胡散臭い

少し話はそれるが

わたしは楽天に対して

良いイメージを持っていなかった

2004年ホリエモンこと堀江貴文氏が

野球球団を買収しようとしたとき

楽天三木谷浩史氏が逆に買収に成功した時代があった

他人が欲しがってたものを

横取りするような会社は嫌いだ!

っていうわけではなく

あのとき私は 恥ずかしながら

楽天という企業を全く知らなかった

楽天

その響きから うさん臭さを感じてしまったのだ

今でいうところの 幸福の科学 幸福実現党 みたいに…

あくまで 私個人の印象だ

それも 言葉の響きによる印象!

信仰されている方には 例に出して 申し訳ない

幸福の科学の具体的な活動内容は

何一つ周知していないので

悪口を言っているつもりはない

何度も言うが 言葉の響き だけの印象の問題だ

そう 楽天 の言葉の響きが 私にはよくなかったって話

そのせいもあって 楽天市場を利用したこともなければ

楽天カードも持っていなかった

今では主力のクレジットカードは楽天カードだし

通販はAmazonよりも楽天市場

③Androidはクソだけどおサイフケータイは便利だった

話は戻って

キャリアを楽天モバイルにし

私の楽天経済圏がデビューしたわけだが

携帯端末のパワー不足のせいもあって

Androidが予想以上にヘボかった

動作は遅いし

カメラも気温や機体温度が上昇すると撮影できなくなる

携帯端末料金をケチった自分を責めた

でも買ったばかりだし

せめて1,2年は使わないともったない気がした

そこで当時それほど普及していなかった電子マネーに目を付けた

iPhoneではApple payがでたかどうかぐらいの時期だったと思う

Androidではおサイフケータイ機能があり

楽天Edyを使うことで

iPhoneへの優位性を無理やりにでも持つことにした

④iPhoneでもおサイフケータイ

Androidを1.5年ほど使い続けた結果

電池の消耗が早くなってきたかな?というタイミングで

iPhoneに買い替えることにした

iPhoneでもサイフケータイ機能として

Apple payが可能になったことも一因ではある

そして当時Apple payを活用しようとなると

SuicaJCBのクレジットカードでしか

対応していなかったと記憶している

いろいろ調べた結果

楽天カードマン(JCB)にお世話になることになった

これによりiPhoneでQuickpayを使うことで

楽天経済圏へとさらに突入したわけだ

⑤証券会社に選んだのも楽天証券

資産運用を考えると

必然的に証券口座を開くことになる

そこでまず調べたのは楽天証券

調べた結果 特別悪い証券会社ではなさそう

むしろ よい証券会社と判断して口座を開設した

この判断は今でも間違ってなかったと思う

⑥まとめ

携帯電話(Android)→楽天モバイル楽天Edy

携帯電話(iPhone) →楽天カード

資産運用      →楽天証券

こんな感じで

携帯電話の買い替えを機に

楽天もとい楽天証券へとつながったと思っています

雑記
シェアする
\ Follow Me /
アラガキの高配当株投資

コメント