【無料】楽天証券で米国ETF9銘柄の買付手数料が無料に!

私は楽天証券ユーザーです

画面の向こうのあなたも楽天証券ユーザーとして

勝手に話をしていきます

2020年1月6日より 米国ETFのうち9銘柄の買付手数料が無料になりました!

何かと手数料と言われるものについて敏感になってきたのは私だけでしょうか?

投資をしていると 細かい金額でも気になるようになった気がします

さて 楽天証券のほかにSBI証券でも一部の米国ETFの買付手数料を無料にしていますが

楽天証券では具体的にどのような銘柄が手数料無料になったのか確認していきますね

【無料】楽天証券で米国ETF9銘柄の買付手数料が無料に!

f:id:hurugaki:20200106232410p:plain

ごめんなさい 下の5銘柄は完全に初見です

下の3銘柄の G〇〇〇については

ゴールドマンサックス社がらみのETFのようです

GLDM

現物の金地金に裏付けられて 小口から金への投資が可能なETFです

では GLDMのチャートをみてみます

まだ2年に満たないETFでした

私にとってはリーマンショック時も例年並みの配当金を払っている

あるいは増配して続けている銘柄を買付したいので 

歴史が短いためにパスします

GDAT

人工知能 ビッグデータ IoT データインフラなどの

データイノベーションに関連する企業へ投資するETFです

テーマ型ETF みたいな印象を受けますね

GDAT のチャートもみてみます

こちらに至っては 1年程度のETFでした

出来立てのETFを推してくるとは

ん~ 楽天証券とゴールドマンサックス社との間で

忖度がありそうですね(忖度という言葉を使いたかっただけです)

GDNA

高精度医療 ロボット支援手術 ゲノミクスなどの

ヘルスケアイノベーションに関連する企業へ投資するETFです

つぎはGDNAのチャートです

投資対象とするには こちらのETFも歴史が浅くて評価しがたいですね

GFIN

フィンテック ブロックチェーン 資産運用改革などの

金融イノベーションのテーマに関連する企業へ投資するETFです

やはり運用期間が短すぎて なんとも…

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント社によって運用されている

3銘柄のコロナショック時の値動きをみてみます

金融系のGFINは やはり値動きが大きく景気に敏感ですね

ヘルスケアのGDNAは 値動きが他よりも小さくディフェンシブ感が伺えます

RWR

最後にもうひとつ

RWR - SPDR ダウ・ジョーンズ REIT ETF -  をみてみます

RWRはDow Jones U.S. Select REIT Indexのリターンと

特性に連動することを目指したETFです

リーマンショック時に株価が60%以上も下落しています

しかしそれ以降は右肩上がりです

興味がわいたのでもう少し調べてみました

以下小文字はスルーしてください

同指数は商業用不動産の運営・所有を行うチャーターを有する会社、

並びに1960年不動産投資信託法に基づいて運営する会社を含む。

REIT Indexに含まれる各不動産投資信託は浮動株調整後時価総額で加重される。

各債券は自らの達成可能な市場パフォーマンスを反映するように加重され、

投資家の入手できる債権を反映する。

同ファンドは地域的ショッピングモール、アパート、ヘルスケア、オフィス、

ストリップセンター、産業用セルフストレージ、ホテル、総合ホテル、

総合・混合産業施設・オフィス、プレハブ住宅及び工場直販店などの分野に投資する。

配当金    3.46USドル

配当利回り  4.80%  (20200418付)

配当利回りは十分な数字です

経費率    0.25%

純資産合計  15億USドル (約1.700億円以上)

経費率は少し高い印象です

配当利回りは十分ですが その推移は

f:id:hurugaki:20200107225436p:plain

配当金の安定性 ほぼ横ばいですね

2009年 1.98USドル

2019年 3.43USドル

この10年で約1.73倍と微増配です

よって 何がなんでも買いたいとはなりませんが

米国REITにどうしても投資したいのなら一つの選択肢になるかもしれません

まとめ

出典:Yahoo finance

5つの銘柄の株価の推移を期間は1年と短いですが比較しました

GLDMの成績がよさそうですね

比較チャートでみるとGLDMに興味がわいてきそうです

次回 調べてみます

楽天証券では 米国ETFのうち9銘柄の買付手数料が無料になったわけですが

私にとっての買付対象は

VT VTI VOO SPY

以上の4銘柄のうちのいずれか

またはいずれも買付なし となりそうです

上記4銘柄の説明については あまりに有名なので今回は割愛しますが

さきのGLDMと比較したチャートを貼っておきます

短中期の株価の推移だけみると 青色:GLDM に興味がわいてきそうですね

コメント

  1. […] 米国ETF 9銘柄の買付手数料が無料に! ‐楽天証券‐私は楽天証券ユーザ… […]

  2. […] 【無料】楽天証券で米国ETF9銘柄の買付手数料が無料に!私は楽天証券ユー… […]

  3. […] 【無料】楽天証券で米国ETF9銘柄の買付手数料が無料に!私は楽天証券ユー… […]