【ふるさと納税】寄付上限金額を計算するのはどのサイトが正解?

昨年に はじめてふるさと納税を始めたわけですが その感想は

管理人
管理人

なぜ もっと早くに はじめておかなかった💦

です! 3年前くらい 妻から『ふるさと納税しないか?』と話を持ち掛けられていたが その言葉は右から左へ スルー❕ 鬼スルー❕ していました

なぜなら書類関係を整理したり 年末調整だの 確定申告だの めんどくさいという気持ちが勝っていたからです

しかし お金の勉強をはじめていくなかで 節税や投資を実践することで得られる生活の安定・満足感が大きいことに気付かれる毎日を送っています

ふるさと納税の効果については下記の記事に書いたのですが 毎月にすると約5千円強 年間約6万8千円の節税ができました

たしかに 申請の手続きなどの面倒なところはありますが 充分に手間賃以上の効果があると考えるべきです

だから ふるさと納税をしない理由がないので 私はふるさと納税をします❕

ふるさと納税をするにあたって 無制限に返納品をもらえるわけにはいかないので ふるさと納税をする準備として その寄附金の上限額の調べ方を紹介していきます

そのまえに!

手元に源泉徴収票を用意してくださいね

【ふるさと納税】の準備 寄付上限金額を計算する

楽天市場

ふるさと納税をするなら 間違いなくおすすめなのが楽天市場です

なぜなら ふるさと納税しつつポイントをもらうことで 本来なら負担すべき2000円すらポイントでまかなってしまうことが可能だからです

なので 楽天市場で寄付上限金額を調べていきましょう(詳細版シミュレーター)

必要事項を埋めていきます

最後に【計算する】をクリックするだけ!

あれれ

管理人
管理人

??? 少なくね ???

昨年ふるさと納税をしたからわかりますが あきらかに金額が違って少ない💦

大丈夫かな?詳細版のシミュレーターだったので 〔簡単シミュレーター〕でも確認してみます

おいおい!ぜんぜんちゃいまんがな!

どないなっとんねん!

簡単シミュレーターのほうが 昨年のふるさと納税をした金額に近いんだけど~

別サイトでも調べてみますね

さとふる

さとふる さんで寄附金上限金額を計算していきます

簡単シミュレーションと詳細シミュレーションの両方を確認していきます

つぎが詳細シミュレーションの結果

どちらのシミュレーションも同じ結果となり信ぴょう性がありますし 昨年の上限額にも近いですが もう一か所別のサイトでも調べてみるわぁ

ふるさとチョイス

次は ふるさとチョイスさんで寄附金上限金額を計算していきます

こちらも簡単と詳細の両方でシミュレーションができます

まずは簡単シミュレーション

つぎに詳細シミュレーション

簡単と詳細のシミュレーション結果はほぼ同じですが さきのさとふるで調べた結果と比べると1,000円ほどの誤差がでました

この1,000円の誤差が気になり 総務省の公式サイトでもシミュレーションを試みましたが ダウンロードしたエクセルが私にはわかりにくすぎました

挫折して 心が折れたので

管理人
管理人

ふるさとチョイスでの結果の77,000円を寄附金上限額として

今年のふるさと納税をしていきます

仮に1,000円分上限を超えていたとしても 3,000円の負担額で年間約68,000円の節税ができるのなら まぁ~いいかぁ~

と考えることにしました

ふるさと納税をするということは…

私はいま こちらの書籍【本当の自由を手に入れるお金の大学】で絶賛勉強中なのですが 著者のかたが先日こんなツイートをされてました

私の場合 ふるさと納税をすることで 年間約68,000円(月間約5,700円)の節税をしたわけですが

上のツイートの考え方を参考にすると ふるさと納税をするということは

ふるさと納税をするということは

月5,700円の配当金を得ようとすると約170万円が必要!

一方で月5,700の節税は ふるさと納税を使えばそこまで難しくない

「月5,700円の節税は 約170万円の資産をもったのと同じ効果がある」

このような解釈もできると思います

ふるさと納税をするだけで 170万円もらっていると考えることができたら 絶対にふるさと納税をしませんか!

私は今年もふるさと納税をして 資産170万円と返納品をGETします!

こんな素晴らしい制度をなぜ活用しなかったのか?バックトゥザフューチャーよろしく 過去の自分にふるさと納税のよさを教えたいです!

まとめ

ふるさと納税をするにあたり 寄附金上限額把握する必要があります

そこでふるさと納税3大サイト(私が勝手に言ってます)でそれぞれシミュレーションをしてみた結果バラツキがありましたが 私が選んだのふるさとチョイスでの結果でした

しかし 実際にふるさと納税で商品の購入をするのは楽天市場が正解です

管理人
管理人

だって ポイント還元があるからね💛

そしてポイント還元を上手に使えば 本来ふるさと納税として負担する2,000円もポイントでまかなうことができます

まとめますと

ふるさと納税をするときは
  1. ふるさとチョイスで寄附金上限額を確認し
  2. 楽天市場でふるさと納税の返礼品を選ぶ
  3. 返礼品を楽しみながら 節税を体感する

みなさんもふるさと納税をして 豊かな生活を送りませんか?

ちなみに私が2019年にやったふるさと納税で得た返礼品の紹介は下記のリンクにきじにしてありますので あわせて読んでみてください

コメント

  1. […] 以前の記事でふるさと納税による節税効果について記事にし 次にふるさと納税ができる寄附金上限額の調べ方も紹介しました […]