【Bing URL Submissions Plugin】をWordPressにインストールしたよ

私のブログが検索表示されることの多くは 現状Googleではなくbing.comがほとんどです

よって Bing web マスターの導入と WordPressに【Bing URL Submissions Plugin】のインストールをすることにしました

このプラグインを導入すれば WordPressから更新/作成されたサイトページのURLを自動的に送信することにより サイトページが常にBingインデックスで最新になります

Googleはここ最近のアップデートによって 検索結果がユーザーファーストになっていない印象があります

これに伴い bingユーザーが増えてきているとの噂もあることから bing対策としてプラグインの導入は意味があると考えています

では プラグイン導入の手順を紹介していきますね

【Bing URL Submissions Plugin】の導入

Bing URL Submissions Pluginのインストール

WordPressダッシュボードのプラグインページの新規追加から「Bing URL Submissions」を検索するか、下記の公式👇からダウンロードしてください

インストールの手順
  1. ダッシュボード
  2. プラグイン
  3. 新規追加
  4. [Bing URL Submissions]で検索
  5. [今すぐインストール]をクリック

インストール済みの写真ですみませんが [今すぐインストール]のボタンがありますのでクリックしてインストールしてください

Bing Webマスター APIキーを準備する

Bing webマスターでサイトが確認されたら Bing webマスターポータル内の[設定]> [APIアクセス]> [APIキー]に移動して APIキーにアクセスできます

公式では以上のように言っていますが 私は下記の通りでした

APIキーを準備する
  1. サイトダッシュボード
  2. ウェブマスターAPI
  3. 生成
  4. APIキーをコピー

すでにBing web マスターを使用していてAPIキーをお持ちの方は③の生成をスルーしてください

っていうか この説明を見なくてもわかると思います💦

ウェブマスター APIキーをプラグインにペーストする

さきほどコピーしたウェブマスター APIキーをプラグインにペーストします

WordPressの[ダッシュボード]> [プラグイン]> [インストール済みのプラグイン]>Bing Webmaster Url Submissionの[settings]の順に移動します

ウェブマスター APIキーをプラグインにペーストする
  1. ダッシュボード
  2. Bing Webmaster

これでもOKです

下の赤枠に 目次1.2で用意したAPIキーをペーストしてください

以上です!お疲れ様でした!

記事の更新後に確認

この記事を更新後に

WordPressの[ダッシュボード]> [Bing Webmaster]で確認しました

しっかりと記事のURLを自動でBingへ送信してくれていました

こういう作業は慣れていないので 疲れます

まとめ

Bing web マスターの導入と WordPressに【Bing URL Submissions Plugin】のインストールをしました

これによって WordPressから更新/作成されたサイトページのURLを自動的に送信されますし サイトページが常にBingインデックスで最新になります

少しでもこのサイトの検索が優位になれればと思い導入しました

私のようなブログ初心者にはこういう細かい工夫も必要だと考えています

ブログ
シェアする
\ Follow Me /
アラガキの高配当株投資

コメント