【LINEほけん】自転車ライフ安心保険への加入のしかた

【LINEほけん】

自転車保険への加入のしかた

6歳の長男が公道でもビュンビュンと自転車に乗るようになったので 自転車保険の必要性を確認し 保険会社の選定基準を調べた結果

LINEほけん自転車ライフ安心保険に加入することにしました

ここまでの道のりは過去の記事にありますので お暇があれば一読ください

この保険プランの特徴は

  • 保険料:ひと月あたり100円(最安値)
  • 個人賠償責任補償 1億円
  • 個人賠償責任補償は家族全員が対象
  • 示談代行サービス付き
  • 入院の補償(日額2000円)は 被保険者に設定した1名のみ
  • LINEを普段使っている人であれば IDとかパスワードを覚えておく必要がない

こんなかんじです

私としては 保険料が最も安く でも賠償補償は1億円あって 示談代行サービスもついている ところがLINEほけんにした決め手です

入院の補償について 理由は後述しますがおまけ程度に考えています

また最後のほうでは なぜ楽天の自転車保険に加入しなかったのか?も書いてありますので よかったら最後まで読んでください

ではさっそく 加入の仕方を画像を使って解説していきます

aragaki
aragaki

実際の手続きはスマホで10~15分くらいでできます

【LINEほけん】自転車ライフ安心保険への加入のしかた

LINE保険への加入手順

契約に興味のある方はクレジットカードをご用意の上

必ずスマホで操作してくださいね

お客様の情報がまだ未登録でしたら さきに入力しましょう

重要ポイント

入院の補償(日額2000円)は おまけ程度とは言いましたが 入院補償を受けられるのは被保険者に設定した1名のみなので しっかりと設定したいと思います※注意が必要です

私の場合は 保険金を支払うのは私ですが 自転車事故で入院する可能性のはあるのは息子なので 被保険者は長男に設定します

私は長男の登録を追加します

名前 生年月日 続柄などを入力して 保存

ここが重要ポイント!

被保険者には長男を選択します

重要事項の内容をご確認後 同意してください

注意点

LINEほけんに加入するためには LINEPayに登録する必要があります

手続きは以上です

お疲れ様でした

入院補償をおまけ程度に考えている2つの理由

冒頭でLINE保険の加入理由に 入院補償をおまけ程度に考えていると書きましたがその理由は

  1. こども医療助成制度
  2. 貯蓄

この2点です

私の住んでている自治体では 子供の医療費にかかる負担に対して毎月で上限を設けられています

aragaki
aragaki

だから 入院になっても多額の入院費用はかからないんです

自治体によっては 子供にかかる医療費は 決まった年齢まで無料といった制度もあると聞くので それぞれのお住いの自治体の制度をご確認ください

そして入院にかかる費用ですが ググってみる感じ1週間の入院費用は 

5万~14万円 みたいな記事を見かけました

14万円はたしかに高額ではありますが 払えないほどの高額ではありません

ここで保険の本質を思い出してほしいのですが 

保険というものは起こる確率は低いけれど

起こってしまうと多額の賠償金が必要となるケースについて 

加入するものでした

よって 入院費用14万円のために 毎月の支払う保険料を増やすことは本末転倒なのです

かりに14万円が必要になることがあっても それは貯蓄からカバーすればいい!だから入院補償はおまけ程度に考える これが私の答えです

楽天の自転車保険プランをなぜ使わないのか?

私は基本 楽天経済圏の人なので 何か新しいサービスの利用を検討するときや商品を探すときは楽天や楽天市場で探すので 楽天の自転車保険についてももちろん調べました

比較表を提示しますね

LINE保険楽天超かんたん保険
子供コース
賠償責任補償額1億円1億円
賠償責任家族全員家族全員
示談代行サービス付き
入院の補償日額2,000円日額1,500円
保険料100円/月2,390円/年
備考子供も楽天会員であ

こんなかんじです

自転車保険を楽天にしなかった一番の理由は

aragaki
aragaki

保険料の支払いがなぜか

年払いの一択なところです

なぜこのことに執着するのかというと もしも自転車保険の保険料が年払いではなく 月払いも可能なら

楽天SPUが+1倍にできるからです!

でも自転車保険は年払い一択なので 保険に加入した月?または翌月しか楽天SPUが+1倍になりません

これでは他社よりも高い保険料を払ってまで受けれるメリットが薄いので 

だったら保険料の安いLINEほけんでいいじゃない!っとなったしだいです

まとめ

自転車事故は 事故の起きる確率は低いけれども起こってしまうと多額の賠償金をはらう事例があることから 自転車保険に加入する必要があると判断しました

つぎに自転車保険に必要なポイントは 

  • ・個人賠償責任補償 1億円以上
  • ・示談代行サービス付き

これらが最低条件であるとわかったので この2つの条件をクリアしつつ 毎月の保険料がもっとも安い保険商品を探した結果

aragaki
aragaki

私が選んだのはLINEほけん自転車ライフ安心保険

となりました

LINE Payを登録しなければならないというトラップもありましたが 今回は私の選んだLINE保険に加入する手続きを紹介しました

手続きにかかる所要時間がわかるように 掲載している写真にはあえて時刻を表示しており 写真を見てもらえればわかりますが 私で19分間かかっています

私で19分間手続きに要していますが これは画面のスクリーンショットを撮ったり段取りをメモしていたためにかかった時間ですので 普通なら10分もあれば 終わらせることができると思います

以上 自転車保険について参考になれば幸いです

コメント