資産運用をする理由 -その2-

資産運用をする理由 その1では

日本がインフレしており

貯蓄だけでは 貯金の価値が減っていくから でした

資産運用する理由 その2は

公的年金を頼りにできない からです

資産運用をする理由 -公的年金が頼りにできない-

f:id:hurugaki:20191223224848p:plain

2019年の6月だったと思うので

みなさんの記憶に新しいと思うのですが

金融庁が「老後資金は2000万円必要」と発表しました

(発表後すぐになんだか うやむやにされた感もありましたが…)

夫が65歳以上 妻が60歳以上の世帯の場合

退職後の公的年金などだけでは 毎月約5万円の赤字になり

これが30年続くと2,000万円不足することになる

と指摘しました。

人生100年時代とはいわれるものの実感がありません

私は95歳や100歳まで生きるのでしょうか?

平均余命で調べてみました

すると 私は80過ぎまで余命があるらしいことがわかりました

年金はいくら足らないの?

計算します

65歳からの年金生活のなかで

毎月6万(ちょっと多めに)の赤字生活を85歳まで生きたとすると

1,440万円不足することになる(毎月5万赤字だと 1,200万円不足)

2,000万円とは言わないがなかなかの金額だ!

細かい金額は世帯によって違ってくると思うが

ようするに年金だけでは老後の生活は苦しくなるよ

ってことです

『だからNISAやつみたてNISA、iDeCoなどの制度を整えたので

国民よ!資産運用(投資)をしてくれ』

っと金融庁は言いたいのだと思います

でもそこまでは金融庁は言いませんでした

だってこれらの投資には元金の保証がされていないからです

国のせいで損をした~

なんてあとで言われたくないのだと思います

しかし長期または超長期での分散投資なら

資産は必ず増えると私は信じて 投資を始めました

その記録を今後ブログで綴っていきたいと思います

続きのリンクを貼っておきます

資産運用
シェアする
\ Follow Me /
アラガキの高配当株投資

コメント