暴落時の儲け方

投資をはじめて1年を超えました

私の初めての株価の暴落は2018年下旬の世界同時株安でした

このときはつみたてNISAでインデックス投資(投資信託)しかしておらず ただただ下がっていく基準価額の回復を期待するだけでした

しかし いまはもう少し勉強をしたので 株価暴落時の対策方法を綴っていきます

株価暴落時にすること

金(ゴールド)を買う

有事の金 昔から言われていることですが

何かしらの危機・〇〇ショックが起きたとき

経済が不安定になったとき 

国が財政破綻したとき

戦争が起こったとき などに買われたりする傾向があります

リーマンショック時の金の価格

リーマンショックのあった2018年から2010年の間は

金の価格が上昇しています

こういった事象をみると暴落時に金を買うメリットはありそうですね

ETFで金を買う

では どのようにして金を買うか?

日本にいいETFがありました

SPDRゴールド・シェア(1326)

楽天証券より

信託報酬は0.4%です

1つの手段として検討の余地はあるのではないでしょうか?

 

信用取引で株をカラ売りする

最初に言いますが この方法は上級者向けです

そもそも信用取引で株をカラ売りしたい場合は 信用口座が必要です

信用口座は投資初心者には開設してくれません

私がそうでした

ではなぜ初心者には信用口座を開設してくれないのか?

理由は簡単!

信用取引が上級者向きだからです

なので無理やり習得する必要はありません 

あと

カラ売りというのは カラ売りがしたいと思っても

売ることのできる銘柄が限定されています

また制度信用取引の場合 6か月以内に買い戻す必要があるため

比較的短期で勝負をつける必要もあります

最後に カラ売りについてもっとも注意すべき点ですが

レバレッジがきくことで 

損失が投資した金額以上に拡大するという大きなリスクがあります

このリスクを忘れたり 軽視したとき

下記のようなことが 起こると思っています

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191019-00010009-abema-fight

 

CFDで売買する

みなさんは 株価が上昇すると思った銘柄を買っていますよね

しかし その銘柄が暴落するも一時的な暴落と判断・予想する かつ

保有し続ける と考えているのならば

その一時的な暴落時の差額を利益にすることができます

それがCFDです

CFDで売買できるのは なにも個別株だけではありません

各種指数についても売買が可能です

 

例えば 私は米国S&P500に連動した投資信託に 毎月つみたて投資をしています

超長期投資を見据えているので 途中で売る気はありません

しかし 2018年 米国と中国とでの貿易摩擦でS&P500は一時的に暴落しました

私は暴落を指をくわえてみているだけでした

暴落したオレンジの枠内の期間にS&P500を売ることができれば

利益を獲得できますし

これまでつみたてた投資信託の評価額が暴落しても

ストレスを少なくすることができるのです

ただこのCFDの取引ですが FXもCFDの仲間です

私の嫌いなFXとCFDはお友達です

売買するタイミングについては一定の技量が必要になってくるので

取引する際には中止が必要です

 

CFDで取引できる商品はたくさんあるわけですが

そのなかでも

米国VI 米国VIブルETF は取引する価値があると私は考えています

米国VI 米国VIブルETF については

非常に詳しい外部サイトがありますので

今回はそちらを紹介させていただきます

メンテナンス中

  

インバース系ETFを買う

インバース系ETFのひとつ

日経ダブルインバース(1357)は

日経平均の日次変動率のマイナス2倍の値動きを目指すETFです

(楽天証券より)

2020/2/15の日付で 売買代金上位ランキング 13位

売買されている方が多いようなので

私がここでお話するのはおこがましいですね

2018-2019 世界同時株安の時のチャート

なので説明は簡単にします

日経平均の株価が下がったら インバースETFの株価は上がります

 

おまけ

暴落時にすること というよりは

暴落が起こったときへの備え方として

暴落後の買い場になったとき用の資金・種銭を蓄える ことも大切です

暴落後は割安で株を買える絶好のチャンスです

私のように高配当株投資を実践させている方なら 尚更です

 

まとめ

株価が暴落するとき

株や投資信託を保有し続けるという意思が高くても

実際に株価や評価額が下がっていくと 少なからずストレスを感じます

そこで そのストレスを緩和する意味でも

下げ相場でも利益を得られる手法・手段を紹介しました

金(ゴールド)を買う

カラ売りをする

CFDで売買する

インバース系ETFを買う です

このなかで私が実践しているのは

CFDで売買する です 

さらに詳しく言うと

米国VIを売って下げ相場でも利益を得る 手法をとっています

CFDでの運用実績は随時 記事にする予定ですので

参考になればと思っています

CFD資産運用
シェアする
\ Follow Me /
アラガキの高配当株投資

コメント

  1. […] 暴落時の儲け方投資をはじめて1年を超えました私の初めての株価の暴落は… […]