つみたてではなく通常のNISA口座を開設した君に伝えたい3つのこと

最近職場の同僚と投資の話をすることが増えたのですが それを横から聞いて興味持ってくれた別の同僚に YouTubeの#両学長で勉強することをすすめました

それから数日後にネット証券の口座を開設したと報告を受けて 投資仲間が増えたことに嬉しく思っていたのですが その同僚はなんとつみたてNISAではなく NISAを開設したと報告を受けました

両学長の動画を見ているのに NISAの開設するって何を見ていたんだ!

と 口から出そうでしたが我慢がまん

投資のスタイルは人それぞれなので 口うるさく言いたくはありません

ただ NISAとなると基本的にキャピタルゲイン狙いの投資となるわけで 個人的にはつみたて投資や高配当投資よりもキャピタルゲイン投資の方が難しいと思っています

なので キャピタルゲイン投資をするにあたっての最低限知って欲しい 遵守してほしい注意点を伝えたいと思います

NISAを開設した君に伝えたいこと

投資の世界では

 9割の人が負ける

という格言があるように厳しい世界です

お金儲けをしたい気持ちはわかりますが 注意が必要です

私はFXで痛い思いをしたことがあるのでわかるのですが 初心者が陥りがちな罠が3つあります

  1. 短期で大儲けを狙う
  2. 少額で何倍も儲けようとする
  3. 楽して大儲けを狙う

の3つです

どうです?心当たりはありませんか?心配はいりません

このように思う人が9割いるということです

ではなぜ 上に書いた罠にはまってしまうのか?

それは雑誌やインターネット広告などで あたかも簡単に儲けられるようなことが書かれていることが 一つの要因と考えます

たしかに 雑誌の筆者達は大儲けをしているかもしれません 

しかしその人は1割の勝者です

そんな1割の人の投資戦術を100%再現することは不可能と考えるべきです

勝者の結果だけ見て自分でもできるとは思わないようにしてください

投資の世界で戦う心構え

勉強を継続しよう

さきほども言いましたが 投資は厳しい世界です

株式投資で勝てるように知識・スキルを身に付けるのための勉強をしなければなりません

それも継続的に勉強しなければなりません

例えば プロ野球選手はプロになったからといって練習をやめますか?やめませんよね!

なんなら メンタルコーチをつけたり フィジカルコーチをつけたりして より内容の難しい練習をプロの選手は続けていますね

投資の世界も同じと私は考えています

熟練した投資家でも勉強を続けなければ 勝ち続けることの厳しい世界なのだと!

投資できる資金を把握にしよう

投資を始めるとき 証券口座に入れる金額を考えると思います

そして トレードをはじめて 儲けたり損をしたりを繰り返すうち 9割の人が負けるのですから その多くは損の方が多くなっていくと思います

このとき 損を取り戻したくなり投資のために生活資金に手を出し資金を追加する人がいます

これは投資で失敗する典型的なパターンです

感情に流され 投資で一番大事といってもいい資金管理を完全に無視した行為です

投資というのは必ず余剰資金で行いましょう

資金管理のされていない投資は それは投資ではなくギャンブルです

あと「文芸春秋社」の創業者である 菊池寛 氏の言葉を借りると

ギャンブルは 絶対使っちゃいけない金に手をつけてからが本当の勝負だ!

逆にいえば 使っちゃいけないお金を使うのは 本当のギャンブルです となります

使っちゃいけないお金 つまり生活防衛費を使って投資することは 投資ではなくギャンブルです と菊池先生も言っているので 注意してください

損切りを明確にしよう

損切りをはっきりさせないまま 株式トレードを行っている人はいませんか?

損切りというか 決済を含めた出口戦略をはっきりとさせていますか?

決済・損切りのルールを明確しそれを実行すれば 今回のようなCOVID-19により株価暴落や大きな価格変動があっても 大きく資産を減らすようなリスクがなくなります

また 自身のトレードがフィードバックしやすくなり 勉強しなおす部分が見えてくると考えます

まとめ

これからNISA口座で投資をするあなたは 楽して投資で大金を稼ぐのはあきらめて 愚直に

  • 勉強の継続
  • 投資資金の把握
  • 明確な損切り

この3つのことだけでも守って株式トレードに励んでほしいと思います

3つのことを実行できれば かりに今は資産を減らすことになっても これまでのトレードはあなたの糧になっているはずです

未分類
シェアする
\ Follow Me /
アラガキの高配当株投資

コメント