証券会社

クチコミ・レビュー

PayPay証券の手数料について徹底解説 ~対策方法も伝授します~

PayPay証券には、スマホひとつで¥1,000から日米の株式やETFなどに投資ができるという大きなメリットが...
クチコミ・レビュー

サラリーマン投資家が個別株投資を始めるならPayPay証券がおすすめ

PayPay証券は、①¥1,000から日米株式の両方が買え、ETFやREITにも投資ができる。②口座は特定口座源泉徴収あり。③単一のスマホアプリで、日米株式をサクッと取引できる。など、たくさんの特徴がサラリーマン投資家にマッチしている証券会社です。
米国株

米国株のスクリーニングなら【マネックス証券】の銘柄スカウターがおすすめ

米国株をスクリーニングするときは、マネックス証券の【銘柄スカウター】を使いましょう。銘柄スカウターなら、日本語表記ですし、10年間の業績からスクリーニングできて、検索項目に増配年数も選択できるからです。さらに、その操作もスマホで見やすいので、おすすめです。
米国株

【PayPay証券】をつかった半導体産業に投資をする方法

【SMH】半導体ETFのなかから、PayPay証券で買付可能な銘柄は、NVDA、INTC、AVGO、TXN、QCOM、MU、AMAT、AMD、MCHP、XLNXの10銘柄あり、これらを1万円で購入すると、PayPay証券でも分散して半導体産業に投資ができます。
米国株

【PayPay証券】追加された米国株25銘柄の中からおすすめ銘柄を3つ厳選!

PayPay証券の追加された米国株25銘柄の中から、【AVGO】ブロードコム、【HCA】HCAヘルスケア、【TMO】サーモ・フィッシャー・サイエンティフィックをおすすめします。いずれも、チャートをみると強気相場ですし、売上のほうも毎年続伸しています。
米国株

iSPEEDを使った米ドルの配当金で米国株に再投資する方法【楽天証券】

楽天証券のiSPEEDなら、アプリで米国株の配当金再投資が容易にできますから、パソコンを起動させる必要がないため、とっても便利です。 アプリを使った配当金再投資の方法は15ステップありますが、たった9枚の画像をつかって、わかりやすく解説しています。
楽天経済圏

【楽天証券】をつかった情報収集のやり方 4選+α

楽天証券では口座未開設者でも、【トウシル】や【セミナー】でつかわれた動画や資料を閲覧できますし、口座開設者には【四季報】や【バロンズ・ダイジェスト】を使って深い情報も与えてくれますから、情報収集手段として、楽天証券の口座を開設しておくのもありです。
米国株

楽天証券で米国株を配当金再投資する方法

楽天証券を例にして、米ドルで受け取った配当金をつかって米国株をかう配当金再投資の方法を、たった3枚の画像をつかって解説していきます。あと、米国株の手数料についても補足してありますので、読んでもらえると嬉しいです。
楽天経済圏

【楽天証券】をおすすめする5つのポイント

楽天証券は、楽天銀行との連携で取引しやすい。楽天スーパーポイントが使える!楽天カードクレジット決済サービスで運用利回り+1%。アプリ「iSPEED」が使いやすい。有料級情報コンテンツが無料で閲覧可能。など言い切れないほどのメリットがあります。
ETF

【SBI証券】キャンペーンが熱い!Direxion ETF を買おう

2020年10月に、楽天証券とレバレッジETFで有名な Direxion社とのコラボキャンペーンを紹介しました...
クチコミ・レビュー

【徹底比較】SBIネオモバイル証券 vs LINE証券《3番勝負》

日本の個別株に投資をしようとすると、基本的には単元株を買う必要があります。 単元株、つまり100株以上(...
ETF

【Direxion社ETF】おすすめ2選!楽天証券キャンペーン中

2020年10月12日から、楽天証券でDirexion社のETFを買い付けるとポイントがもらえるキャンペーンが...