楽天証券

つみたてNISA

簡単に資産運用をしたいなら楽天証券の【らくらく投資】がベストな3つの理由

簡単に資産運用を始めたい方は、ロボアドを使うと楽に始められます。そして、数あるロボアドのなかから、楽天証券のらくらく投資を選ぶといいでしょう。らくらく投資なら、管理費用や初期費用が他社のそれより安いですし、なにより!つみたてNISAをつかって節税もできます。
つみたてNISA

「らくらく投資」のパフォーマンスを予想する【楽天証券】

「らくらく投資」には5つのコースがあり、公式からぞれぞれの想定リターンが記載されていて、債権比率の多いコースから順に、その想定リターンは3%,4%,5%,6%,7%となっていました。
投資信託

楽ラップよりも「らくらく投資」をするべき5つの理由【楽天証券】

資産運用これから始めたいという人には、楽ラップよりも「らくらく投資」をおすすめします。なぜなら、つみたてNISAをつかって節税ができたり、クレジットカード決済ができたり、少額(100円)から資産運用を始められるなど、多くのメリットがあるからです。
米国株

iSPEEDを使った米ドルの配当金で米国株に再投資する方法【楽天証券】

楽天証券のiSPEEDなら、アプリで米国株の配当金再投資が容易にできますから、パソコンを起動させる必要がないため、とっても便利です。 アプリを使った配当金再投資の方法は15ステップありますが、たった9枚の画像をつかって、わかりやすく解説しています。
楽天経済圏

【楽天証券】をつかった情報収集のやり方 4選+α

楽天証券では口座未開設者でも、【トウシル】や【セミナー】でつかわれた動画や資料を閲覧できますし、口座開設者には【四季報】や【バロンズ・ダイジェスト】を使って深い情報も与えてくれますから、情報収集手段として、楽天証券の口座を開設しておくのもありです。
米国株

楽天証券で米国株を配当金再投資する方法

楽天証券を例にして、米ドルで受け取った配当金をつかって米国株をかう配当金再投資の方法を、たった3枚の画像をつかって解説していきます。あと、米国株の手数料についても補足してありますので、読んでもらえると嬉しいです。
米国株

誰でもできるインカムゲイン投資の始め方【ETF編】

SBI証券や楽天証券などで口座が開設し、米国高配当ETF『VYM』と『HDV』を買い付けするだけの、2ステップですむわけですから、誰でもインカムゲイン投資を始めることができます。そして、インカムゲイン投資を始めたからには、長期的な積立投資をしてください。
楽天経済圏

【楽天証券】をおすすめする5つのポイント

楽天証券は、楽天銀行との連携で取引しやすい。楽天スーパーポイントが使える!楽天カードクレジット決済サービスで運用利回り+1%。アプリ「iSPEED」が使いやすい。有料級情報コンテンツが無料で閲覧可能。など言い切れないほどのメリットがあります。
ETF

【Direxion社ETF】おすすめ2選!楽天証券キャンペーン中

2020年10月12日から、楽天証券でDirexion社のETFを買い付けるとポイントがもらえるキャンペーンが...
ETF

【楽天証券】キャンペーン!Direxion ETF を買おう

2020年9月末で、グローバルX社のETFをお得に買えるキャンペーンが終わったばかりですが、 2020年...
つみたてNISA

投資信託買付ランキング2020.9を考察【楽天証券】

コロナショックという非常に大きなイベントを経過している今、投資信託のトレンドや人気ランキングがどのようになったのか?気になったので調べた結果、ランキングTOP10内にレベレッジ系の投資信託が4本もありました。投資と投機(ギャンブル)が同意義にされている、日本人のマネーリテラシーの低さが反映されたランキング内容です。
証券会社

ゴールドを積立するなら【SBI証券vs楽天証券】キャンペーン勝負

楽天証券では、2020年8月25日(火)~2020年9月25日(金)7:00 までの期間に、純金・プラチナを積...