レベル1『資産形成をまなぼう!』難しいことは何もない

iDeCo(個人型確定拠出年金)の始まったのが2001年10月、つみたてNISAが始まったのは2018年1月からでした。

そして、2019年に金融審議会の市場ワーキング・グループが公表した報告書で、

高齢夫婦無職世帯の平均的な姿で見ると、毎月の赤字額は約5万円と予想される。
この状況が20年続く(80歳まで生存)と約1,300万円、
30年続く(90歳まで生存)と約2,000万円の取崩しが必要!!

などと述べられたことをきっかけに、将来に不安をかかえた人は少なくないと思います。

なぜなら、私自身がそうだからです。

国から『年金を当てにするな!』、『老後資金は自分でなんとかしろ!』そう言われた気がしたわけです。

少子化が止まらないのだから、当たり前といえばあたりまえ

またこのご時世、会社勤めのサラリーマンの退職金も減額している傾向にあります。

資産形成をしなければ、退職後にみじめな年金生活をおくることになるかもしれません。

アラガキ

孫にランドセルすら買ってあげられない!
そんな祖父母にはなりたくありません。

そうならならないように、個人で資産運用をして、老後資金を蓄えつつ、増やしていく必要があるわけです。

でも、資産運用と言われても困る方が多いのが現実です。

なぜなら日本の義務教育では、お金の勉強を教えてくれなかったからです。

2022年度から、高校で金融教育がスタート!

そこで、わたしが実践してきたこと、実践している資産形成(運用)の方法を、ロールプレイングのように紹介していきます。

目次

資産形成のロードマップ|レベル1

資産形成の基本をまなぼう

『資産形成』なんて、ちょっと難しい言葉をつかっていますが、その内容はじつはめちゃくちゃ簡単です。

なぜなら、たったのステップしかないからです。

どのようなステップかというと、

STEP
ムダな支出をへらす
STEP
高利回りでふやす
STEP
収入をもっとふやす

このようになります。

たった3ステップと思えば、簡単に思えてきませんか。

あとは、それぞれをどのように工夫し取り組んでいくか?になります。

取り組む順番は、ステップ2とステップ3を入れ替えてもOK

個人的には、ステップ2よりもステップ3のほうが難しい?と思っているので、順番を反対にしたり、同時に進行してもOKです。

資産形成でもっとも大切なこと

資産形成でもっとも大切なことは、なんでしょうか?

支出を減らすことでしょうか?それとも、収入をふやすことでしょうか?

いいえ、違います。

資産形成するために、もっとも大事なことは、『行動する』ことです。

書籍でもいいですし、このようなブログでも、Youtubeでもかまいません。

せっかく学んだ知識を、インプットするだけにとどめずに、行動し実践していきましょう。

行動した先に、懐も、こころも、どちらも豊かな状態になれます。

行動することこそが、あなたの人生を変えてくれるはずです。

本でインプットするなら、こちら の方法がおすすめです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる