損してます!無料でお金の勉強する方法|Kindle Unlimited

本でお金の勉強をしたいけど、1冊1,500円以上して高い…

お金や投資、資産運用に関係にした書籍って、だいたい1,500円前後しますよね。

ランチ1~3回分って考えると、高いと感じるのは私だけではないと思います。

でも、いい手があります。

お金をかけなくても、書籍を読んでお金の勉強ができる方法を教えます。

それは、Amazonが提供する【kindle unlimited】を利用するというもの。

本を買うまえに、kindle unlimited を使ってみて!

kindle unlimited なら、最初の30日間を無料で読み放題することができます。

ぜひ活用してもらいたいサービスなので、kindle unlimited がどのようなものか、メリットなどをまとめていきます。

\即解約しても、30日間は無料でつかえるよ/

iPadやタブレットは持ってないしな~

っという方にも、対策をお教えしますので、最後まで読んでください。

目次

Kindle Unlimited 基本情報

基本情報

『Kindle Unlimited』は、小説、ビジネス本、コミック、雑誌など、200万冊以上を読むことができます。

だから、満足できる本にきっと巡り合えるはずです。

そして、最初の30日間は無料で読み放題です。

『無料期間の30日間がすぎても、月額980円でいつでも好きな時に、読書を楽しむこともできますよ。

お金に関する書籍は1,500円前後するので、月に1冊読めば元が取れる計算になり、お得でしかありません。

お金に関する本なら、月に1冊のペースでもOK!

それいじょうに、1週間に1冊のペースでよんだら、月に4冊よんだことになり5,000円以上の、

1週間に2冊のペースで読むと、10,000円以上の情報を無料で勉強できることになります。

kindle unlimited の無料期間に、10.000円以上の価値があるかもしれない』と考えると、使わないほうが損をしているように感じませんか?

Kindle unlimited

①200万冊の本が読める
②最初の30日間は無料
③30日間を超えると月額980円

ちなみに、投資関係だとこういう本が読めます。

iPad や タブレットは なくてもOK

Amazon には、Kindle Cloud Reader というサービスがあって、これを使用すると、モバイルまたはデスクトップブラウザでKindle本を読むことができます。

Kindle電子書籍リーダーや、Kindle アプリを持ってない人でも、Kindle Cloud Readerをつかえば、読書を楽しむことができます。

Kindle Cloud Readerでご利用いただけないタイトルもあります。

でも、私個人はいままでに、そういったにあたったことはありません。

Kindle Cloud Reader へは こちら から。

kindle unlimited を使う3つのメリット

即解約でも30日間使える

Kindle Unlimitedは、利用開始してすぐに解約しても、30日間の無料期間が終わるまで利用できます。

『解約するのを忘れて、課金された~』っとならないように、できるというわけ。

利用開始直後に解約手続きをしても、30日間はしっかり使える

手続きを忘れさすために、『解約は、一週間前から受け付けます』と言われてもおかしくないところを、Amazonさんは、やさしいよ。

ちなみに、解約の方法はこちらです。

オフラインで読める

一度モバイル端末にダウンロードしてしまえば、地下シェルターだろうが、どこにいても読むことができます。

自宅やスタバなどwi-fiのある環境で、Kindleのライブラリに落としておくと、地下鉄や飛行機内で読むことができるわけです。

あと、いちどに十冊持ち歩こうが、重量が変わらず、持ち運べるのは便利でしかありません。

ちなみに、

20冊まで、ライブラリにダウンロードできます

気になる本を試し読み

『お金を払ってまで読もうとは思わないけど、無料だったら読んでみたい』

っと思う本や雑誌も、気軽に読める点も嬉しいです。

私の通う美容室では、最近雑誌からモバイル端末に代わったので、『パーマや理髪中に、ジャンル問わずにいろいろ読んじゃう』んですけど、みなさんはどうですか?

例えば、

とくに男性ならわかると思いますが、家電やガジェット系は、読んでいて心が弾みます。

最近、太ってきたので、こういう本もタダで読めるなら、読んでみたいと思っちゃう。

子供がいるから気になるというのもあるけど、部下への教育にも通じるところがあるのではないかと、読みたくなりました。

これらをわざわざ本屋まで行って、立ち読みするのは、はばかられる。

でも kindle unlimited なら、気軽に多種多様な本にチャレンジできます。

kindle unlimited を契約したことで、私のiPadは、『いつでもネットカフェになる』と感じてます。

\モバイル端末がネットカフェに変身/

kindle unlimited を使う3つのデメリット

読めない書籍もある

この記事では、お金の勉強をする手段の一つとして、kindle unlimitedを紹介していますが、関係するすべての書籍が読めるわけではありません。

例えば、

ジェイソン流お金の増やし方』とか、

本当の自由を手に入れるお金の大学』といった書籍は、kindle unlimited を契約しても、読むことができません。

かなり高評価な書籍なので、気になると思いますが、こればかりは買ってください。

ラインナップの入れ替えがある

kindle unlimited のサービス内で読める本は、いつまでも読めるとは限りません。

そして、どの本が読み放題の対象になるかも、わかりません。

シリーズものも、『最初は読み放題だけど、それ以降は購入しないといけない』、なんてこともあります。

例えば、インベスターZは、1~3巻は Kindle Unlimited で読めますが、4巻以降は読むことができません。

あとで読もうとライブラリに入れてあった本が、Kindle Unlimited の対象外になったことで読めなくなってた。

こういう場合があるということです。

手元に残るわけではない

これはあるある!だと思うので、忘れないでほしいのですが、

ダウンロードした本って、自分のライブラリにあるけど、決して自分の所有物になったわけではありません。

あくまで、サブスク契約している期間だけ、本を借りているような状態です。

サービスを退会すると、ライブラリにある本は削除されます。

だから、気に入っている、何度でも読みたくなるような作品は、購入しておきましょう。

kindle unlimited 解約の方法|3ステップ

先ほども言いましたが、契約直後に解約手続きをしても、30日間は多数の本を読み放題です。

解約を忘れて、自動更新しされたくないという場合は、これからおしえる解約の手順に沿って、手続きをしておいてください。

解約の手順は、たったの3ステップです。

では、まずはこちらからAmazonの公式ページに移り、ログインしてください。

①ログイン後、画面右上の【アカウント&リスト】をタップし、出てきたメニューの中から、【お客様のKindle Unlimited】をタップ。

 

②つぎは、【Kindle Unlimited会員登録をキャンセル】をタップ。

③さいごに、【メンバーシップを終了する】をタップ。

これで、月額980円を支払ってしまうようなことはありません。

解約方法もひじょうに簡単なことに、感謝します。

もうひとつの無料で書籍をよむ方法

この記事では、Kindle Unlimited の無料期間を使って、無料で書籍をよみ、インプットしちゃおう。ということを紹介しました。

でも、これから紹介する方法は、条件があるけど、無期限で書籍を読むことができます。

アラガキ

もちろん、無料です。

その方法とは、楽天証券の【楽天証券会員限定!おすすめマネー本】を読むというものです。

このサービスは、お金に関する書籍を、隔月で50冊紹介していて、すべて無料でダウンロードして読むことができます。

楽天証券の口座を開設するだけで、あらゆるお金の書籍を、無料でダウンロードできるので、まだ開設していない人は、ぜひ検討してください。

活字好きのひとは、楽天証券をつかって、タダで勉強しましょう。

書籍代がういたと思って、スタバでコーヒーを飲みながら、優雅に読書をきめちゃいましょう。

ポイントの還元率だけをみて、証券会社を選ぶのは、ナンセンスだと思います。

まとめ

書籍を買って、お金の勉強をしようとすると、1冊1,500円前後しますが、

kindle unlimited を使えば、無料で本を読んで勉強することができます。

無料期間は、サービス開始から30日間だけという制約はありますが、1冊だけしか読めなくても、ぜんぜんOKだと思います。

なぜなら、有料で kindle unlimited 利用した場合は、月額980円だからです。

損はしていませんね。

30日間で、たっぷりと知識をインプットしたあとは、インプットしたことを実践していきましょう!

便利さにハマって抜け出せないかも

\便利さにハマって抜け出せないかも/

契約後に、すぐ解約しても、30日間は本を読むことができますよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次