【レバレッジETF】QQQではなくTQQQについて解説

先日ちょっとだけお話した話題のETF QQQについてですが もう一度ふれますと

QQQとは 米国株式指数のひとつであるNASDAQ100に連動したETFで このNASDAQが昨年末の水準までに回復した とお伝えしました

ちなみにS&P500は昨年末と比べて まだ回復しておらず約10%ダウンな状態です

それだけNASDAQ つまりIT・ハイテク業種に力があるということです

そんなパワーのある米国指数にあやかろうと思うとQQQは最適解かもしれませんね

そしてこのQQQからさらに大きな恩恵を得ようとレバレッジを利かせたETFが TQQQです

【レバレッジETF】QQQではなくTQQQについて解説

TQQQとは

まずはQQQのおさらいです

QQQはNASDAQに上場している時価総額が最大規模の非金融企業100社を含むNASDAQ100指数に連動した投資成果を目指すETFです

正式には インベスコQQQトラスト・シリーズ1(Invesco QQQ Trust Series 1)と言います

そしてTQQQは NASDAQ100指数の日次運用実績の3倍(300%)に連動する投資成果を目指すETFです

正式には プロシェアーズ・ウルトラプロQQQ と言います

この2つのETFの経費率等比較すると以下のとおりです

 TQQQ  QQQ 
 経費率  0.95%  0.2% 
 配当利回り  ー  0.72% 
 資産総額  約55億米ドル  約1020憶米ドル 

TQQQの経費率はQQQの約5倍です

株価は運用実績の3倍に連動しているのに 経費率は5倍とはなかなかのボッタクリにみえますが レバレッジETFの経費率はどれも同じような数値の1弱です

なのでTQQQが特別経費率が高いというわけではないみたいです

配当金はまったくないわけではありませんが ほとんどなかったので なしと考えることにしました

総資産にも大きな差がありQQQのほうに圧倒的に資産が集まっています

これは 米国の投資家にはレバレッジを利かせた短期投資よりも じっくり保有する長期投資のほうが人気があるせいだと愚考します

チャート

TQQQ と QQQ 2つのETFをチャートを比べていきます

まずは直近の5年間です

出典:Yahoo Finance 5年間
青色:TQQQ  ピンク:QQQ

TQQQ 299%UP  QQQ 107%UP

約3倍の差がでましたが レバレッジが3倍なので当たり前?

つぎはTQQQの設定来(約10年前)からの比較チャートです

約10年間
青色:TQQQ  ピンク:QQQ

TQQQ 3100%UP  QQQ 370%UP

TQQQを開設時に10万円買っていれば 約300万円になった計算です 夢がありますね

逆に 今回のコロナショックの時の下落率はどうだったでしょう

コロナショックの下落率
青色:TQQQ  ピンク:QQQ

TQQQ 69%down  QQQ 27%down

TQQQを10万円買っていれば 約3万円になっています

投資というよりは投機感が強い印象です

TQQQの構成銘柄

MAAFG ではなく GAFAM で上位6位を占めており全体の約45%を5社で構成しています

このGAFAMの恐ろしいところが この5社の時価総額が 東証1部約2170社の合計時価総額を上回ったことです

日本のTNSKNにもがんばってほしいです

(TOYOTA NTTドコモ ソフトバンクグループ キーエンス NTTグループ)

TQQQのセクター

情報と通信だけで7割近くを占めており ある意味尖がったETFですね

この尖がりが時代にマッチしているから チャートが伸び続けているんでしょうね

注意点

2020年5月現在 私のメイン証券会社である楽天証券では この銘柄を取り扱っておりません

日本ではサクソバンク証券でのみ取り扱ってそうです

せめて 米国株式に力を注いでいるSBI証券かマネックス証券には取り扱ってほしかったです

まとめ

NASDAQ100に連動した人気のETFであるQQQに 3倍のレバレッジが効いたTQQQを紹介しました

レバレッジが効いていて 経費率が高いことから 投資というよりか投機に近い印象を受けるETFです

そして 時代にマッチしている業種で構成されており 世界をけん引する5社が全体の45%もしめているETFです

宝くじを買うくらいなら TQQQを買って夢をみるのもいいかもしれません

ただ TQQQを取り扱っている日本の証券会社はサクソバンク証券だけなのが悔やまれます

コメント