インカムゲイン投資をおすすめする7つの理由

私はつみたてNISAの範囲内でインデックス投資をしていますが、特定口座を使ってインカムゲイン投資もしています。

つまり配当金目的の投資方法です。

私はこのインカムゲイン投資で自分年金を作りたいと思ってはじめましたが、FXで大金を手にすることを夢見て失敗した人たちにも、ぜひおすすめしたい資産運用・投資手段だと思っています。

この配当金をもらうインカムゲイン投資をおすすめする7つのポイントを今からつづっていきます。

インカムゲイン投資をすすめる7つの理由

下落相場が恐くない

インカムゲイン投資とは別のキャピタルゲイン投資の場合

下落相場では利益を生むことが難しくなります

つまり個別銘柄の株価が下がり続ければ キャピタルゲイン(値上がり益)を求めることが困難だからです

しかし インカムゲイン投資の場合は たとえ株価が下がっても例年通りの配当金さえ払ってもらえれば 自身の計画どおりの資金繰りができるために ストレスフリーでいられます

米国株は欲を言えば配当利回り4%以上は欲しいところ

また 米国株でいうとマクドナルド(MCD)やKO(コカ・コーラ)といった毎年増配している銘柄を買いたい でも配当利回りが小さいことで購入を迷っているような銘柄を下落相場では買付できるチャンスとなります

インカムゲイン投資にとって 下落相場=買い場=ウマー となるわけです

日中 株価(チャート)の変動が気にならない

インカムゲイン投資の場合は 一度購入してしまえば保有し続けることでの配当金が目的(バイ アンド ホールド)なため 株価の上げ下げはあまり気にする必要がありません

気にするのは減配するか否か? 無配になるか否かです

また 個別銘柄の株価の変動を気にすることがないために保有銘柄が国内株式の場合であっても 日中に株価(チャート)を気にすることがなくなります

そうなると 本業に集中して打ち込むことができます

FXやキャピタルゲイン投資の場合はそうはいきません

きっと本業の最中に保有銘柄の株価が気になるはずです

損益が気になって本業がおろそかになることで 本業に支障がでては本末転倒ですよね

損切りをしなくてよい

キャピタルゲイン投資の場合は 一定の確率で損切りが必要になってきます

しかし人間の脳みそは理性と本能とでは別行動をとろうとします

頭では5%または10%株価が下落したら損切りしよう

または 〇〇移動平均線を下回ったら損切りしよう っといった損切りのルールを決めたはずなのに そのルールを自分で決めたはずなのに!

いざ損切りを決定するとなると ここが底であとは上がるのでは?っと損失を回避しようとします

このような思考は 経済心理学上証明されていることなので 決して恥ずかしいことではありません

大多数の人間は損失を嫌い 損失を回避するような思考になっているのです

だから 大多数の人間は上手な損切りができません

そうです 大多数の人間は上手な損切りができないんです

だからキャピタルゲイン投資は大多数の人はしてはいけないのです

そこで 損切りをしなくてよい投資方法があります

それが インカムゲイン投資です

事前に収入額がわかる

企業から株主に対して支払う配当金額は その企業のホームページや四季報などで簡単に確認ができます

よって配当金による収入額は把握しやすいのです

収入額がわかると

例えば 毎月1万円の配当金が貰えるようになった場合

今月の携帯電話の料金は配当金のみで支払えるな。

とか

今月に入ってくる配当金で電気代が全部払えそう。

とか

コカ・コーラ(KO)の株を配当金再投資するぞ。

といったように 財布の中身にゆとりが生まれます

お金のゆとりは 心のゆとりと密接に関係していると私は思います

配当金による収入額がわかるということは 心にゆとりが生まれます

心にゆとりがある人は 他人に親切な行動ができるようになり 人から信頼を得られ仕事も順調に動くという いいこと尽くしになるはずです

配当金再投資をすれば複利でガッポリ

例えば 税引き後の配当利回り3%で1株¥1,000の株を100株買う

すると ¥100,000 の資産ができ かつ 毎年の配当金が税引き後3%もらえる

もらえた配当金でまた株を買う

これを14年続けると 資産は約1.5倍になります

つまり税引き後配当利回り3%の銘柄を14年間保有すると 購入額の半分を回収したことになります

増配すればさらにガッポリ

毎年もらえる配当金が増える つまり増配すれば株の保有数を増やさなくても利益が増えていきます

連続増配株は保有しているだけで利益が増える不労所得です

それにさきほど 税引き後配当利回り3%の銘柄を14年間保有すると 購入額の半分を回収できるといいましたが 幸いにも増配すれば 14年と言わずもっとはやくに購入額の半分を回収できるかもしれません

売り時を考えなくてよい

キャピタルゲイン投資は 株価の安いときに買って株価が高いときに売ることを考えなければなりませんが この売りどきをの判定が損切りと同様に難しいです

人間は欲深いので 事前に決済ルールを決めていたとしても 今決済した後さらに株価が上がるんじゃないか?

と機会損失を嫌う傾向にあります

だから売り時・決済どきを考え それを実効することは難しいのです

しかしインカムゲイン投資ならは 一度買った株などは保有し続け そこからの配当金で利益を得ていくために売り時を考えなくて良くなります

おまけ

インカムゲイン投資をすすめる8つ目のポイントにするには気が引ける内容です

インカムゲイン投資で得られる配当金は

完全と言っていいほどの 不労所得 です

不労所得 この言葉の響きが私は大好きです

まとめ

いかがだったでしょうか?

インカムゲイン投資に興味をもっていただけたでしょうか?

インカムゲイン投資のメリットをまとめますと

インカムゲイン投資のメリット
  • 下落相場が恐くない
  • 株価の上下を気にしなくていい
  • 損切りしなくていい
  • 収入が事前にわかるので心にゆとりが持てる
  • 配当金再投資をすれば複利の効果で資産を増やせる
  • 増配すればウマー
  • 売り時を考えなくていい
  • 不労所得を得ているという優越感

私は自分年金を作り経済的自由へと近づきたいので、これからもコカ・コーラ(KO)などの連続増配銘柄を中心とした個別銘柄や、HDV、VYMのような米国高配当ETFを買付していく予定です。

インカムゲイン投資についていいことばかり綴ってきたので、以下のリンクでデメリットについてもあわせて読んでもらえるとうれしいです。

最後に、インカムゲイン投資を実際始めるには、どのようにすればよいのか?を記事にしたので、引き続き読んでもらえると嬉しいです。

コメント

  1. […] インカムゲイン投資をおすすめする7つの理由インカムゲイン投資をする7… […]

  2. […] インカムゲイン投資をおすすめする7つの理由インカムゲイン投資をする7… […]

  3. […] インカムゲイン投資をおすすめする7つの理由インカムゲイン投資をする7… 高配当株投資の4つのデメリット高配当株投資を始めるにあたって基本的なデメリットをまとめます。 高配当株投資のデメリット 1企業分析力が必要 2罠銘柄が多い 3倒産リスク 4減配リスク 5資産を最大化できない 6毎度配当金に税金がかかる 7大金持ちにはなれない などがあります。4つに絞って詳しくみていきましょう。aragaki-invest.com2020.06.29 […]

  4. […] インカムゲイン投資をおすすめする7つの理由インカムゲイン投資をする7… […]