米国 高配当株 おすすめ銘柄 -RDS.B-

米国の高配当株のおすすめ銘柄を紹介する

ロイヤル・ダッチ・シャル (RDS.B) だ

残念ながら企業分析と言えるほど

詳しい話はできない

なので

私と同レベル(投資歴約1年)な方々に参考になればと思う

f:id:hurugaki:20200119174703j:plain

高配当株投資をする上で

配当の利回りはもちろんだが

注意することのひとつに

減配しないこと が重要になってくる

この辺りを中心に 綴っていく

まずはロイヤル・ダッチ・シャル(以下RDS.B)が

どのような企業かというと

石油&ガス会社だ

ロイヤル・ダッチ・シャル (RDS.B)

①配当利回り 6.25%

株価 $59.79(20200120付)

配当利回り 6.25% ($3.76)

4%を超えていれば 満足なのに

6%を超えており 驚異的な数字だ

配当利回りが高い場合は

株価の推移にも注意が必要だ

株価が下がれば 必然的に配当利回りが大きくなるからだ

リーマンショック以降のチャートを確認する

f:id:hurugaki:20200120010622p:plain

$40~$80強の幅を横ばいで

今はその中央ぐらいの株価だ

よって配当利回りの高い理由に

株価が下がっている は該当しないと考える

②増配年数 0年

2015年以降増配が止まっている

f:id:hurugaki:20200120011205p:plain

残念ながら毎年の増配はしていないが

上図の株価を見る限り

2015年は株価が下がっている時期

つまり業績が悪かった時期にも

前年同様に配当し続けていることには評価したい

 

③配当性向 70.33%

前回紹介したアッヴィで利益のほぼ半分を株主に

配当金として支払っているのに対し

RDS.Bは7割超え!

配当利回りの数字も驚異的だったが

配当性向も驚異的である

株主を大事にしている姿勢が伺える

このような姿勢のある企業に

資金を預けたいと思うのは

株主として当然ではないだろうか

⑤減配リスク

f:id:hurugaki:20200120012523p:plain

コンセンサス予想では

2019年以降配当が下がる予想をされているが

2015年以降の経常利益は右肩上がりで

株価の高かった2014年の水準に近づいている

よって実際は減配しないことを

私は予想する

いや予想ではなく 期待する

あとRDS.Bは2021~2025年の配当と自社株買いによる

株主還元目標を1250億ドルとしている

この金額は時価総額に半分以上だ

株主を大事にしていると感じる

⑥PER 10.46

同業種であるエクソンモービルシェブロンのPERと比べて

エクソンモービル 14.25

シェブロン 14.94

割安である

⑦RDS.AとRDS.Bの違い

RDS.A オランダ株

RDS.A 英国株

RDS.Aのオランダの場合

源線徴収税がとられてします

しかしRDS.Bは英国株であるため

配当金が源泉徴収の対象にならない

よって投資家に人気なのは

RDS.Bのほうと考える

⑧まとめ

増配は厳しいかもしれないが

減配も簡単にはしない姿勢が伺える

配当利回りがかなり高いですし

割安となってくると

投資の対象として

検討の余地はある と考える

コメント