今後の金融市場の最悪のシナリオを考える

先日 COVID-19の影響から経済が低迷し原油の価格が乱降下しました

その日 WTI原油先物価格がマイナスを示したのです

なぜ 原油先物の価格がマイナスになったのか?

この先どうなるのか 調べて考えてみました

結果は さらなる世界の金融危機になるかも?

原油価格の下落が引き起こす未来とは?

なぜ原油先物価格が下がったか

COVID-19の感染拡大によって世界全体の経済の動きが落ち込みました

つまりは全体的な消費が落ち込みました

この消費の中にはもちろん原油も含まれています

簡単なところでいえば ガソリン です

緊急事態宣言やロックダウンによって 遠方への外出ができなくなりました

よってガソリンの消費が減り 原油の消費も減ったというわけです

その一方で 原油の産出国であるロシア サウジアラビア あと メキシコなども

原油の産出量を減らすこと(減産)を拒否しました (拒否の理由は 米国潰し)

そうなると 必然的に原油の供給過多となり 世界中に原油が余って

あまった原油を貯蔵する施設も飽和する事態になったわけです

消費が少ないままなのに 供給を続けてきたので 原油の価格はもちろん下がります

これは当たり前です

米国潰し

さて 先程減産しなかった理由に米国潰しと書きましたが なぜそうなるのか?

米国はシェールオイルの産出によって 

2018年原油生産量が45年ぶりに世界最大になりました

(シェールオイルは原油の仲間と思ってください)

だから減産に合意しなかった国は 米国を潰しに来ているということになるのです

米国のシェールオイル企業は 会社を大きくするために

資金調達の手段として社債を発行しました

この社債は残念ながら 国債などと比べて信用力が低いために

ジャンク債と言われています

このジャンク債を発行したシェールオイル企業が原油価格の下落で破綻に追い込まれています

いや 一部破綻を始めています

ジャンク債市場の不安

ジャンク債を発行しているシェールオイル企業が破綻に向かっていくと

ジャンク債を使った派生商品であるCLOにも影響が出ます

CLOとは Collateralized Loan Obligationの略称で

日本語ではローン担保債証券(債券)です

簡単にいうと 企業向けのローンを集めて一つにした商品 のことです

よって ローンを組んでいる企業が続々と破綻すれば

CLOは債務不履行(デフォルト)となります

そうすれば CLOを買っている金融機関や機関投資家への損害は絶大となります

CLO市場の大きさ

世界で作られているCLOは6150億ドル 日本円で約70兆円と言われています

ぜんぜんピンときませんね

2019年の日本の税収が 財務省の報告によると 約63兆円です

もしも 全部は言わないにしても 70兆円の元金が償還不能となった場合は

あきらかに金融危機が起こりそうです

ちなみに 日本が保有するCLOの総額は約13兆円あるらしく

農林中央金庫が 8兆円

三菱UFJフィナンシャル・グループが 2兆6千億円 保有しています

銀行などの金融機関は低金利なこの時代に儲けを出すために 

ある意味仕方なく 高金利だけどリスクのある CLOを扱わざるをえないのです

一縷の望み

FRB(米連邦準備理事会)が社債や証券化商品を買い入れ

米国の金融市場の安定化をはかろうとしています

米国が安定すれば 世界のほとんどが安定するはずです

まとめ

経過と最悪なシナリオのまとめです

経過
  1. 経済動かない 原油の消費減る
  2. 原油使わないのに 原産もしない よって原油価格下落
  3. ジャンク債を出しているシェールオイル企業が業績悪化 そして破綻
最悪なシナリオ
  1. ジャンク債を使った派生商品=CLOが債務不履行となる
  2. CLOを扱う銀行や投資家に大ダメージ
  3. リーマンショックのような金融危機の再来

S&P500の指数は上昇傾向ですが

原油安からのCLOデフォルトを想定するのなら

今後 2番底 3番底 が来るかもしれません

指数が上昇しているからと言って 

全力で買いに行くことはやめて 余力を残しておこうと思います

コメント