2020/5/4からの米国のマーケットの動向は?

S&P500は週間でみると下落となりました

とくに5/1にトランプ大統領が 新型コロナウイルスの感染拡大を巡り

中国の責任を追及する姿勢を強め 「中国には不満がある」として

関税の引き上げを検討する考えがあると発言しました

この発言をうけて株価は下落したようです

米中貿易摩擦の再燃となるでしょうか?

つぎに米国債市場は 10年債利回りが0.01%低下の0.62%です

債権市場が低下すれば 株式市場は上がるか?

2020/5/4からの米国のマーケットの動向は?

チャート分析

まずはS&P500のチャート分析です

S&P500 日足

日足では一週間の動きやMACDの動きがわかりにくいために

4時間足を表示します

S&P500 4時間足

4時間足でみると1週間の動きがわかりやすいです

安値が切り上がっていて

高値も切り上がっており ダウ理論が成立しています

このまま上昇トレンドとなるか?

S&P500 4時間足

ダウ理論を成立させながら 指数は上昇しているが

MACDとはダイバージェンスの関係を示しています

これは

上昇の勢いに陰りがある ということです

下落の可能性もでてきました

また日足に戻ります

S&P500  日足

4時間足でダイバージェンスと言った箇所が

日足だと上図のようになります

直近の5/1の下落はトランプ大統領の発言が影響しているようですが

ダイバージェンスからの下落を後押しする可能性が強まったかもしれません

いずれにしても 指数が二つの移動平均線に挟まれている以上は

少し動きを見守るしかありませんね

そして もしも 

  • 指数が短期移動平均線(黄色)を下に突き抜け
  • MACDも0(ゼロ)ラインを下に突き抜けたら
  • 下落スピードはあがる

と考えています

逆に 指数が上昇を続けても 緩やかで上値は重いでしょう

欧州のチャート

VGK 日足

COVID-19の一日の感染者が減少気味にある欧州のチャートです

ヴァンガード社ETF VGKを見てみます

全体的な形はS&P500と大差ありませんが

S&P500がダイバージェンスを起こしていた箇所は

VGKではダイバージェンスを起こしておらず

底値上値を切り上げながら上昇しています

欧州が上がってくれれば 米国も続くと思います

F&G index

先週は40を割り込んだので もっと下がるか?と思ったのですが

逆に40を超えて Fearを示しています

40-60はneutralに近い印象です

あくまで印象です

米国のCOVID-19一日の感染者数の推移

出典:Coronavirus COVID-19 Global Cases by Johns Hopkins CSSE

ごくごくわずかに下がってきたかな?

っと解釈するには期待へのバイアスが強すぎますかね

ほぼ横ばいと考えるほうが妥当でしょうか?

諸悪の根源が落ちつきを見せてくれないと市場を動かせません

まとめ

今後の米国株価の動きを

1(下がる)~5(上がる)の五段階評価での予想をまとめます

  • チャート  3
  • MACD   3
  • 欧州    4
  • F&G index 3
  • 感染者数  2

どっちつかずで わからない が答えです

わからない のままではおもしろくないので言います

上昇のシナリオ

指数が中期の移動平均線を上回ったとき 

市場は上昇トレンドになるかもしれません

なぜなら 直近の上値も更新(ダウ理論成立)しますし

MACDも上向きになるからです 

しかし 大きくは上がらないと思います

なぜなら 中期の移動平均線の向きがまだ下向きですし

直前のMACDとダイバージェンスしているからです

よって 大きく上がらないと考えます

そもそも COVID-19の感染者数が落ち着かないと大きな上昇は望めないはずです

下落のシナリオ

逆に 指数が短期の移動平均線を下回れば

 (中期の移動平均線も必然に下回る)

市場は下降トレンドへと容易に移行しそうです

指数が短期の移動平均線を下回れば MACDの向きも下向きになり

中期移動平均線の向きに指数の動きが揃います

そのうち短期移動平均線も下向きとなるでしょう

観察のポイントは

①移動平均線と指数の関係

 移動平均線の向き

②MACDが0(ゼロ)ラインを割り込むか いなか?

最後にCOVID-19の治療法がはやく確立することを願います

コメント