【モーニングスター】株主優待がおもしろい高配当銘柄

私が高配当株投資を始めようと決意したとき 最初は米国株を中心に買い付けていましたが 為替リスクを考えて日本の高配当株も買い付けることにしました

しかし ここで私の持病が発症します ポジポジ病です

この病気は非常に厄介で 昔痛い目にあったFX時代からの疫病神です

一度買いたいと思ったら すぐにでも買いたくなる ポジポジ病!タイミングとかお構いなしです

まだ企業分析の『ぶ』の字もわからない頃に 発作で買った銘柄がモーニングスター社でした

とは言っても 今のところは大きくは後悔していません

しかし モーニングスター社からの株主優待を前日受け取ったのを機に 企業分析をやり直して 株をホールドするのかいなかを検討していきたいと思います

企業分析をするとき IR BANKさんにはいつもお世話になっています

【モーニングスター】株主優待がおもしろい高配当銘柄

基本情報

モーニングスター社は 投資信託のデータ販売と投信の運用 あとはセミナーの運用とこの3つが主軸となっている企業です

COVID-19の影響はどうでしたか?

管理人
管理人

子会社のSBIアセットマネジメント株式会社が運用する 公募追加型株式投資信託の運用残高は減少したし

資産運用のセミナーも開催できませんでした

ということは 減収していてるんですね

管理人
管理人

それが そうでもないみたいよ❕

どういうことですか?

管理人
管理人

たしかに減収したサービスはあるけれど 経常利益が9期連続で最高益を更新しているんです

どうして そんなことになっているんですか?

管理人
管理人

大きな要素でいうと アセットマネジメント事業3社を買収して運用残高を大幅に増加させて 利益を出したみたい

ちなみに この3社は今までと違って主に債券型の投資信託を運用しているんだって!

従来と異なるタイプの投資信託を運用している事業を吸収したということは 運用する投資信託の種類や範囲が拡がって 収益の安定・拡大を図ることができるようになった ということですね

管理人
管理人

そうですね!カッコつけて言うと

グローバル・アセット・アロケーションが進展した と言えるね

ごめん 横文字使いたかったんです

昨今の厳しい経済環境にもしっかり対応してくる それがモーニングスター社です

株価 配当利回り

株価  428円

配当利回り 3.50%

増配年数 11年

管理人
管理人

10年以上増配していれば 私的には万々歳です

財務健全性

自己資本比率(71.9%)

自己資本比率が高いほど安全な企業とされています

概ね40%を超えると良企業とされていることから 70%を超えているモーニングスターは優良企業と判断できますが 2019年・2020年と自己資本比率が下がっています

管理人
管理人

今後の自己資本比率に目が離せませんね!

フリーキャッシュフロー(-5億円)

GMOクリック証券

2019年以降はモーニングスター社にとって投資期に入っているため フリーキャッシュフローはマイナスとなっています

さきの自己資金比率の低下もこのことが要因ではないかと推察できます

収益性

ROE(Return on Equity : 自己資本利益率)(13.82%)

ROE(Return on Equity : 自己資本利益率)は 自己資本をいかに効率的に活用して利益を上げたかわかる指標です

8%以上あれば良企業と言えるところを 7年連続で8%超えをしているうえに右肩上がりを続けています

さらに 2年連続で13%超えですから かなり効率的に利益をだしている優良企業と判断します

EPS(Earnings Per Share:1株当たり利益)(14.85円)

さきのROEと同様に EPSも右肩上がりで安心です

営業利益率(22.63%)

営業利益率は 10%以上あれば良企業と言われているに 20%超えを9年間続けて維持していることから 優良企業と考えます

成長性(純資産成長率)(約2.25%/y)

総資産も載せていますが 純資産(右側)の推移を確認します

純資産の推移は 毎年約2.25%ずつ純資産を増やしており この11年で純資産を26%増させています

誰もがきいたことのあるような有名企業は8%以上の推移があるそうなので ちょっと物足らない印象ですね

それに2019-2020年は純資産を減らしていますが これは先のフリーキャッシュフローのところでも言ったように 投資期の期間なので仕方のないことだと解釈しています

その証拠に 純資産は減っても総資産は増えています

やがて訪れる経済回復期に ここで行った投資(子会社の買収など)が大きく開花し 業容も拡大するものと期待しています

割安性(理論株価)(割高)

GMOクリック証券のツールを借りました

結果は残念ながら割安どころか 割高 それも結構割高という結果でした

管理人
管理人

予想以上に割高な結果となったので 焦って買う必要はないと考えます

株主優待

高配当企業が株主優待まで出しているケースは少ないのに モーニングスター社では100株以上保有で面白い株主優待を出しています

どう面白いのかというと 株主優待の多くはカタログギフトやQuoカードや商品券といった現物商品を優待品として株主に送っています

それに対して モーニングスター社の株主優待は 

  • 有料の株式ウェブ新聞の無料購読クーポン
  • 仮想通貨(XRP)

といった無形商品を優待品として提供しています

仮に100株保有していた時 もらえる配当金は1年間で1,500円です

しかし 株主優待でもらえる有料の株式ウェブ新聞の無料購読クーポンの価値は 26,400円となり 大きな格差があります

これにさらに仮想通貨(約1,600円相当)も付いてくるなんて おまけがデカすぎませんかね

管理人
管理人

弁当屋さんでお弁当を買ったら おまけとして

飲み物(配当金)と

次回からお惣菜が無料でもらえるクーポン(株主優待)がもらえるような感覚でしょうか

株主優待のお得感が半端ないっスね

ちなみに仮想通貨を株主優待として受け取る方法と 仮想通貨に対する私の運用方法などについては下記に記事してあります

他社との比較

同業種の企業が思いつきませんでした

なので この企業と対比して!といったコメントお待ちしています

産業に未来はあるのか

モーニングスター社は 投資信託のデータ販売と投信の運用 あとはセミナーの運用とこの3つが主軸となっている企業でした

投資信託がなくなることはないでしょうし それらを投資家達も買い続けるでしょう

管理人
管理人

私も投資信託は少なくても20年は続けていくつもりです

YouTubeやブログで無料でも有益な情報を取得でき 勉強することが比較的容易になった時代ではありますが セミナーの需要は途絶えることはないと考えます

そもそも日本人の投資家人口は諸外国に比べてまだまだ少数だと推察されることから やはりセミナーがなくなることはないでしょう

まとめ

  • △ 配当利回り 3.50%
  • 〇 連続増配 11年
  • ◎ 自己資本比率 71.9%
  • ▲ フリーキャッシュフロー ‐5憶円
  • ◎ ROE     13.82%
  • ◎ 営業利益率 22.63%
  • 〇 純資産成長率 2.25%/y
  • ✖ 割安性  割高
  • ◎ 株主優待付き 株式新聞ウェブ版+仮想通貨
  • 〇 産業に未来はあるのか?

ポジポジ病で買ったモーニングスターでしたが なかなか良い買い物をしたと思っています

10年以上増配しているし 株主優待ももらえる

なにより営業利益率が高く 財務性も悪いわけではない

2019年から投資期となっていることから 自己資本比率やフリーキャッシュフローは下がっているが そのかいもあって経常利益は9期連続で過去最高益を更新しています

以上のことから モーニングスター社を高配当銘柄として優良と考えるに至り 私は

★★ モーニングスターを保有し続けることに決めました ★★

追加購入する場合 今買うには割高な可能性があるので 買い時には注意したいと思います

私が国内株を買うときに障がいに思うことが 100株買うために大きな資金が必要になってくることです

米国株の場合は1株から購入できるので このような障がいはないのですが 国内株の1銘柄を買いたい場合でも 少なくても数万~数十万円の資金が必要になってきます

そうなってくると投資に尻込みしちゃいませんか?

そこで私がおすすめするが【SBIネオモバイル証券】です

SBIネオモバイル証券には 楽天証券などの大手ネット証券会社にはない 圧倒的なメリットがあります

SBIネオモバイル証券のメリット
  • 1株から株が買える(日本マクドナルドやソニーなど有名企業の株を数千円から購入できます)
  • Tポイントを使って株が買える
  • 月額50万円以下の場合 月額220円(税込み)で取引放題(しかも毎月Tポイントが200ptもらえる)
  • IPOは1株から申し込みができる
  • 株の定期買付ができる

今日紹介した【モーニングスター】を含めて 日本の高配当株で分散投資をしたいのなら SBIネオモバイル証券は良い選択肢になります

手元に30万ある!でもこれだと数銘柄しか買えず分散とは言えないから 買った数銘柄がすべて下落したらショックでご飯が喉を通らなくなる

そんな悩みを持った方ようにSBIネオモバイル証券があります

30万あれば 30社以上に分散投資するのも難しくありません

SBIネオモバイル証券は分散投資専用証券と言っても過言ではありません

そして SBIネオモバイル証券についてメリット・デメリットを書いたリンクを貼っておきますね。

銘柄の評価と分析についてはまだまだ若輩者ですので、間違いがあるかもしれません。

実際の投資の際はご自身の判断と責任にてお願いをいたします。

コメント

  1. […] […]