2020/4/27からの米国株式市場の動向は?

4/20~4/24の動きですが

S&P500は 一週間で▲1.3% ダウン

ダウ工業株は 1.1% アップ

NASDAQは 1.7% アップ です

S&P500は下がっているのにNASDAQは上がっている

つまり 米国全体としては下げているのを

GAFAMなどのIT・ハイテク企業がマーケットを支えている ということです

米国債券市場 10年債利回りは 0.6% アップ

債権が下がってくると株価の上昇に期待できるんですけどね

2020/4/27からの米国株式市場の動向予想ですが 先に言うと

わからない です

ただこうなったら次はこうなりそう っていうのを最後に綴っておきました

2020/4/27からの米国株式市場の動向は?

チャートはS&P500です

直近の指数(チャート)

指数は 一応の底値を切り上げながら上昇していますが

二つの移動平均線に挟まれています

上値も重そうでどっちつかずな状態です

この3週間くらいで 三角保ち合い にも見えます

MACD

MACDは一旦は下に突き抜けましたが 

逆に上に突き出そうにもみえます

どちらにも見えるということは あまり参考にならないということです

欧州のチャート

COVID-19の一日の感染者が減少気味にある欧州のチャート

ヴァンガード社ETF VGK を見てみます

全体的な形はS&P500と大差ありませんが

この2週間でいうとS&P500はわずかに上がっているのに対して

欧州の指数は下がっています

そしてボリュームも下がっていますね

F&G index

40を切っFearを示しています

一度40を割り込むと20-30まで落ち込む印象があります

あくまで印象です

米国のCOVID-19一日の感染者数の推移

出典:Coronavirus COVID-19 Global Cases by Johns Hopkins CSSE

わずかに下がってきたかな?っというあわい期待がでてきたところで

直近の一日の上昇で鼻をくじかれた形です

諸悪の根源が落ちつきを見せてくれないと市場を動かせません

まとめ

1(下がる)~5(上がる)の五段階評価でまとめます

  • チャート  3
  • MACD   3
  • 欧州    2
  • F&G index 2
  • 感染者数  3

どっちつかずで わからない が答えです

わからない のままではおもしろくないので言います

 指数が中期の移動平均線を上回ったとき 

 市場は上昇トレンドになるかもしれません

 なぜなら 直近の上値も更新(ダウ理論成立)しますし

 MACDも上向きになるからです 

 しかし 大きくは上がらないと思います

 中期の移動平均線の向きが上向きになるまでは 大きく上がらないと考えます

 そもそも COVID-19の感染者数が落ち着かないと大きな上昇は望めないはずです

 逆に 指数が短期の移動平均線を下回れば

 (中期の移動平均線も必然に下回る)

 市場は下降トレンドへと容易に移行しそうです

 指数が短期の移動平均線を下回れば MACDの向きも下向きになり

 中期移動平均線の向きに指数の動きが揃います

 そのうち短期移動平均線も下向きとなるでしょう

要約すると

株価は上がっても きっと限局的でそれほど上がらない

株価が下がると一気に下がるかもしれない

ということです

コメント