J-REITを買い場とするならおすすめは?

COVID-19パンデミックのあおりで経済は冷え込み

観光業およびホテル業・商業などに波紋が広がっています

これにより投資家から「問答無用の売り」が出たようで

東証REIT指数は株価以上かもしれないほど下落しています

まさに落ちるナイフ状態です

しかし 言い換えれば不動産のバーゲンセールと言えなくもない

そこでJ-REITを買うならば何を買えばいいのか 検討していきます

J-REITを買い場とするならおすすめは?

出典:SBI証券 (東証REIT指数)

東証REIT指数です

かなりの勢いで指数が下がっており

2014年当時まで指数が戻っています

6年前にタイムスリップした感じでしょうか?

ちなみに6年前の流行語大賞は「だめよ~ だめだめ」です

投資信託

REITに投資したいと思ったとき 具体的に何に投資するか?

つみたて方式でREITに投資したいと考えているのなら投資信託が楽です

国内REITを扱う投資信託は楽天証券で51ファンドあるわけなんですが

どれにしようか?と悩んだ時に

丁度 第5回楽天証券ファンドアワードが発表されていたのでそれを参考にしたいと思います

国内リート部門です

出典:楽天証券

この3つのファンドの基準価額の推移を比較しますとこんな感じです↓

出典:楽天証券

✅野村J-REITファンドがもっとも実績がよさそうですね

でもこのファンドの管理費用は 1.1%あります

自動分散投資をしてくれる楽ラップの管理費用(約1%)よりも高いです

管理費用が高い理由は こちらはアクティブファンドだからです

✅次に成績がいいのは 野村インデックスファンド・J-REIT です

このファンドの管理費用は 0.44%です

こちらは東証REIT指数に連動したインデックスファンドなので 管理費用は低めです

私のおすすめする投資信託は

私のおすすめする投資信託は

Smart-i Jリートインデックス です

さきの2ファンドよりも歴史が浅いことや

Smart-i 
Jリートインデックス
野村インデックスファンド
・J-REIT
野村Jリート
ファンド
純資産(億円)18.64 58.4 60.94
管理費用0.187%0.44%1.1%

純資産が少ないなどの不利な面もありますが

信託報酬がぜんぜん安いです

検討の余地はあると思います

ETF

上記の投資信託よりも信託報酬(管理費用)が低く

運用期間も5年程度ほしいとなると おそらく1社だけでした

信託報酬(税抜き) 0.16%

過去12ヶ月分配金利回り(日付 2020年4月1日) 4.34% (分割頻度年4回)

総資産総額  ¥185,657,536,654

取引単位 1口~

このETFは楽天証券なら買付手数料無料です!

ポートフォリオの割合は?

買付先はわかったとして 次は

ポートフォリオのなかに国内REITをどのくらいの割合で組み込めばいいのか?

自動でポートフォリオを組んでくれる楽ラップを参考に見てみます

出典:楽天証券

上図は 保守型タイプで運用した場合の楽ラップのポートフォリオです

かなり積極型の場合は国内REITの割合は4%でした 

よって 国内REITはポートフォリオの4~6%を目安に組んでみてはいかがでしょうか?

まとめ

株価同様に 東証REIT指数も落ちるナイフのように下落しています

まだ落ちると考えるなら 買いは保留すればよいですし 底と思う方はぜひREITの購入も検討してみてはいかがでしょうか?

COVID-19パンデミックによって経済の先行きはまだ不透明です

株価が安いためにバーゲンセールと言われたりしていますが 今全力で買いに行くのではなく ファイナルセールがくるかもしれないと構えて 余力は残しておきたいですね

国内REITの買付先としては

  • 野村インデックスファンド・J-REIT
  • Smart-i Jリートインデックス
  • 1476 iシェアーズ・コア Jリート ETF

このあたりをおすすめしますが

私がもっともおすすめするのは

おすすめ

SBI証券で [1476] iシェアーズ・コア Jリート ETFを自動積立することです

SBI証券は ETFの自動積立ができる数少ない証券会社で

ネット証券口座開設数は楽天証券をおさえてNo.1です

ETF投資信託
シェアする
\ Follow Me /
アラガキの高配当株投資

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]