【PayPay証券】追加された米国株25銘柄の中からおすすめ銘柄を3つ厳選!

2021年2月17日、PayPay証券誕生を記念して、米国株と日本株のあわせて50銘柄が追加されました。

これでPayPay証券での取り扱い銘柄は、全319銘柄(米国株・日本株・ETF・REIT含む)に拡充したことになります。

さらにキャンペーンとして、最大5万円分の株式購入代金がもらえるイベントもスタートしています。

せっかくなので、新しく追加された米国株の中から、おすすめの銘柄を3つ厳選したので紹介していきます。

追加された米国25銘柄の中から3選
  • 【AVGO】ブロードコム
  • 【HCA】HCAヘルスケア
  • 【TMO】サーモ・フィッシャー・サイエンティフィック

あと、キャンペーンの内容にも少しふれておきますので、今回の記事は

  • PayPay証券の口座を開設している人
  • PayPay証券の口座開設を検討している人
  • 米国株に小額から投資をしたい人
  • 米国株でキャピタルゲイン投資をしたい人

以上のような方に参考になると思うので、最後まで読んでもらえると嬉しいです。

追加された米国株

2021年2月17日、PayPay証券に追加された米国株25銘柄を確認します。

  • 【AAL】アメリカン航空
  • 【ABNB】エアビーアンドビー
  • 【AI】シースリーエーアイ
  • 【AVGO】ブロードコム
  • 【CRSP】クリスパー・セラピューティクス
  • 【CVS】CVSヘルス
  • 【DASH】ドアダッシュ
  • 【FCEL】フューエルセル・エナジー
  • 【FSLY】ファーストリー
  • 【GILD】ギリアド・サイエンシズ
  • 【HCA】HCAヘルスケア
  • 【LMND】レモネード

  • 【NEE】ネクステラ・エナジー
  • 【PLTR】パランティア・テクノロジーズ
  • 【PLUG】プラグ・パワー
  • 【SNOW】スノーフレーク
  • 【SPOT】スポティファイ・テクノロジー
  • 【TMO】サーモ・フィッシャー・サイエンティフィック
  • 【U】ユニティ・ソフトウェア
  • 【WBA】ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス
  • 【XLNX】ザイリンクス
  • 【ZG】ジロー・グループ

あとETFが3つです。

この3つのETFは、いずれも非常に優れたETFですので、今回わざわざ取り上げる必要はないと判断しました。

  • 【VIG】バンガード・米国増配株式ETF
  • 【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETF
  • 【VYM】バンガード・米国高配当株式ETF

VYMについては、👇でも紹介しています。

キャンペーンの概要

PayPay証券誕生記念!日米株50銘柄追加キャンペーンの概要です。

期間

日本時間の

2021年2月17日(水)0:00~2021年3月31日(水)23:59約定分までが対象です。

内容

キャンペーン期間中に対象の米国株・日本株を買付けされたお客様の中から、抽選で買付け金額に応じて株式購入代金をプレゼント。

  • PayPay証券の日米株アプリまたはPC取引サイト(日米株)のどちらも対象。
  • 「つみたてロボ貯蓄」「10倍CFD」「日本株CFD」での買付けは対象外
  • 当選はお一人様1回限り。

キャンペーン賞品

  • 1等:100万円以上の買付けで50,000円分の株式購入代金(3人)
  • 2等:30万円以上の買付けで15,000円分の株式購入代金(90人)
  • 3等:3万円以上の買付けで1,000円分の株式購入代金(1,000人)

複数の銘柄の買付け金額が合計30,000円以上に達した場合も対象となります。

今回おすすめする3つの銘柄をそれぞれ10,000円分買うと、抽選の対象になれるということです。

【AVGO】ブロードコム

【AVGO】ブロードコムは、半導体およびインフラストラクチャソフトウェアソリューションの設計、開発、および提供を行うテクノロジー会社で、

半導体ソリューションとインフラストラクチャソフトウェアの2つのセグメントで運用されています。

  • サーバー・ストレージ
  • ワイヤレス関連(WiFi、Bluetooth、GPSなど)
  • ネットワーキング・プロセッサー
  • 光ファイバー・モジュール
  • サイバー・セキュリティ

などを提供しています。

【AVGO】ブロードコム
  • 株価 $489.96
  • 配当利回り 2.94%
  • 配当性向 54.6%
  • 増配年数 9年
  • 配当金のCAGR(年平均成長率) 49%
  • 株価1年トータルリターン 53.08%
  • 株価5年トータルリターン 275.6%

配当利回りが3%を切ってしまったので、高配当株とは言い難いですが、毎年50%ちかく増配していることはうれしいですね。

配当金のCAGR(年平均成長率) 49%

収益性

2016年以降の売上と、当期利益を確認すると、売上は順調に伸ばしています。

しかし当期利益に関しては、安定しているとは言えませんので、注意が必要です。

コロナ禍において、在宅勤務が増えたことで、データセンターの需要が拡大していることから、データセンターへの設備投資が好業績を維持していてくれるものと考えます。

また今後トレンドとなるであろうIoTのおかげで、ネットにつながる様々な機器やセンサーの数が急増するでしょうから、AVGOの業績見通しは明るいはずです。

チャート

5年間の週足チャート

過去5年間の週足チャートを眺めると、2018年の株価の推移は横ばいです。

しかしそれ以外では、50週および200週移動平均線が、ゴールデンクロスの状態を平行移動しており、長期間強気相場が持続していることがわかります。

2020年のコロナショック時に-53%下げた株価も、ショック時の底値から217%も回復・上昇して、いまも青天井に上昇してます。

RSIが77.97と買われすぎのサインを出していますから、そろそろ調整局面になるかもしれませんが、未来はだれにもわかりませんので、買いたいと思ったら買いましょう。

【HCA】HCAヘルスケア

【HCA】HCAヘルスケアは、その子会社を通じて、米国でヘルスケアサービス会社として運営しております。

また同社は、入院治療、集中治療、心臓治療、診断、救急サービスなどの医療および外科サービスを提供する一般的な救急病院も所有・管理・運営しています。

とりわけ、英国でも6つの病院を運営してるようです。

【HCA】HCAヘルスケア
  • 株価 $177.37
  • 配当利回り 0.27%
  • 配当性向 3.81%
  • 増配年数 0年
  • 配当金前年比 -73.13%
  • 株価1年トータルリターン 16.3%
  • 株価5年トータルリターン 158.2%

収益性

2016年以降の売上と、当期利益を確認すると、売上は順調に伸ばしています。

一方、当期利益は上げ下げを繰り返しながらではあるが、右肩上がりな推移を示しています。

コロナ禍においては、院内の資材をたくさん使うことで、当期利益が下がるのでは?っと思ったのですが、私の予想ははずれて、同社は前年よりは収益を伸ばしてきたことに、企業努力を感じます。

チャート

5年間の週足チャート

過去5年間の週足チャートを眺めると、50週および200週移動平均線が、ゴールデンクロスの状態を保ったまま経過しており、さきほどのAVGO同様に、長期間強気相場が持続していることがわかります。

2020年のコロナショック時に-61%下げた株価も、ショック時の底値から203%も回復・上昇しています。

直近のMACDがデッドクロスしそうなので、株価上昇は一服するかもしれません。

その場合、サポートラインがひけそうな$150付近、または直近の高値$139まで、株価は下落する公算を立てることができます。

【TMO】サーモ・フィッシャー・サイエンティフィック

【TMO】サーモ・フィッシャー・サイエンティフィックは、科学関連製品メーカーで、ヘルスケアセクターに分類された企業です。

以下の4つのセグメント事業を展開しています。

  • ライフサイエンスソリューションセグメント
    • 生物学的と医学的研究
    • 新薬とワクチンの発見
    • それらの製造に使用される薬品や消耗品の提供
  • 分析機器セグメント
    • 実験室での多様な用途に使用される機器、消耗品、ソフトウェアなどを提供
  • 特殊診断セグメント
    • 広範囲の診断テストキット、試薬、培地、機器などを提供
  • ラボ製品とサービスセグメント
    • ラボに必要な製品とソリューションを提供

【TMO】サーモ・フィッシャー・サイエンティフィック
  • 株価 $478.86
  • 配当利回り 0.18%
  • 配当性向 4.0%
  • 増配年数 3年
  • 配当金のCAGR(年平均成長率) 7.96%
  • 株価1年トータルリターン 43.17%
  • 株価5年トータルリターン 275.5%

収益性

2016年以降の売上と、当期利益を確認すると、順調な右肩上がりに伸ばしています。

TMOは、新型コロナウイルス感染症の医療検査や研究、ウイルス検出などに利用される、医療機器や研究機器、薬品、診断キットなどを提供しています。

よって、新型コロナウイルス感染症の診断などの需要が続く限り、同社の売上や利益も安定すると考えます。

チャート

5年間の週足チャート

過去5年間のチャートを眺めると、50週および200週移動平均線が、ゴールデンクロスの状態を保ったまま経過しており、さきほどのAVGO同様に、長期間強気相場が持続していることがわかります。

2020年のコロナショック時に-26%下げた株価も、ショック時の底値から91%上昇しています。

いま株価の上昇は一段落をみせていますが、かりに直近の安値$435.57を下回るようなことがあれば、ダブルトップ様のチャートパターンを形成することになります。

その場合は、$333付近を目標に一気に株価が下落する可能性が出来てきますので、直近の安値$435.57には注視したほうがいいと思います。

まとめ

2021年2月17日PayPay証券にて、米国株25銘柄が追加されたわけですが、この追加された銘柄の中から、おすすめできる3つの銘柄を紹介しました。

【AVGO】ブロードコム
  • テクノロジー銘柄
  • 配当利回り 2.94%
  • 増配年数 9年
  • 配当金のCAGR(年平均成長率) 49%
  • ぎりぎり高配当銘柄として見ることができる
  • 当期利益は不安定
  • チャートは強気すぎて、買われすぎサイン点灯中

【HCA】HCAヘルスケア
  • ヘルスケア銘柄
  • 配当利回り 0.27%
  • 配当金はほぼありませんから、キャピタルゲイン狙い銘柄
  • 株価1年トータルリターン 16.3%
  • 株価5年トータルリターン 158.2%
  • 売上、当期利益ともに右肩上がり
  • チャートは強気相場中、MACDが反転しそう
【TMO】サーモ・フィッシャー・サイエンティフィック
  • ヘルスケア銘柄
  • 配当利回り 0.18%
  • 配当金はほぼありませんから、キャピタルゲイン狙い銘柄
  • 株価1年トータルリターン 43.17%
  • 株価5年トータルリターン 275.5%
  • 売上、当期利益ともにきれいな右肩上がり
  • 強気相場中、調整局面入りした可能性あり
  • 直近の安値$435.57を下回るようなら、売り圧力が増しそう

高配当銘柄が欲しいのであれば、【AVGO】ブロードコムを、

キャピタルゲイン投資をしたいのであれば、【HCA】HCAヘルスケア、【TMO】サーモ・フィッシャー・サイエンティフィックの両社をおすすめします。

なお、おすすめした3銘柄を購入したいと思って、SBI証券や楽天証券でそれぞれ1株ずつ購入しようとした場合、その合計金額は100,000円以上必要になってきます。

  • $489 【AVGO】ブロードコム
  • $175 【HCA】HCAヘルスケア
  • $459 【TMO】サーモ・フィッシャー・サイエンティフィック

しかしPayPay証券なら、3銘柄を同時に買っても、最低3,000円あれば投資することが可能ですから、その便利さがわかってもらえると思います。

投資資金のそれほど大きくない投資家さんには、うってつけの証券会社だと思います。

もちろんPayPay証券は、私も実際に使っていて、その使いやすさなどの観点からもおすすめできます。

さいごに、冒頭でふれたように、追加された米国株のなかに含まれている3つのETFも、かなり優秀であるということをお忘れなきようお願いいたします。

  • 【VIG】バンガード・米国増配株式ETF
  • 【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETF
  • 【VYM】バンガード・米国高配当株式ETF

コメント