ポイントビットコインを始めた たったひとつの理由 -始め方も解説-

2021年3月から、楽天より『楽天PointClub』を使って、ビットコインの取引体験が可能になりました。

これは、「楽天ポイント」をつかって暗号資産(仮想通貨)の一つであるビットコインの取引が体験できるサービスが開始したということです。

これまで私はビットコイン投資に興味はあっても、いまだ現金を投じていませんでしたが、ポイントでビットコイン投資を体験できるのならと、このサービスをさっそく開始しました。

しかし、はじめた一番の理由は節税できると考えたからです。

今回の記事では、写真を使ったポイントビットコインの始め方や、注意点、お得なポイントの追加方法などについても書きましたので、興味のある方は読んでみてください。

ポイントビットコインで節税

ビットコインを含む暗号資産取引によって生じた所得は、原則として雑所得に区分されるため、その取引に収益が発生した場合は納税しなければなりません。

仮に¥1,000,000で買ったビットコインが、¥1,500,000相当になったときに換金した場合、利益である¥500,000について税金を納める必要があります。

(細かい税率の話は今回は割愛)

しかし、ポイントビットコインの場合はそのような納税の義務に関する記載がないために、増えたポイントビットコインは丸々自分の懐に入るということです。

例を出すと、

楽天ポイント30,000をつかって、これをポイントビットコインに返還し、その後、運用中ポイントが40,000となったところで、そのうちの10,000ポイントを楽天ポイントに返還したとする。

この場合、10,000ポイント=¥10,000相当の利益がでたことになりますが、あくまでもポイントが増えただけなので、この10,000ポイントに納税の義務はないということです。

このようなポイントの増減によって発生する利益に対した納税の法律が、いまのところ整備されていないようなので、今がポイントビットコインを始めるのには最適な時期だと思っています。

もちろん、損失が発生する場合もあることは周知の上です。

ポイントビットコイン by 楽天PointClubの概要

楽天ポイントを「ポイントビットコイン」に追加すると、ビットコインの変動にあわせてポイントが増えたり減ったりするサービスです。

仮にポイントビットコインを増やすことができれば、通常ポイントとして引き出した後に、ポイントを使って買い物や食事を楽しむができます。

つぎに、「楽天ポイント」100ポイントから取引可能で、1ポイント単位で引き出し可能です。

そして、ポイントビットコインのポイント数は、楽天ウォレットが提示するビットコインの取引価格の値動きと連動しているので、ここから手数料(スプレッド)が決まります。

運用できるポイントは、通常ポイントのみとなり、期間限定ポイントは運用できませんのでご周知ください。

ポイントビットコインの始め方

『楽天PointClub』をつかったポイントビットコインは、たったの7ステップで始めることができます。

①携帯アプリ【楽天PointClub】をタップ

②画面左上の【≡】をタップ

③【ポイントビットコイン】をタップ

④【追加する】をタップ

⑤ポイントビットコインに追加したいポイント数を入力

⑥追加するポイント数が決まったら【確認する】をタップ

⑦差し引かれるポイントを確認してから【追加する】をタップ

免許証のコピーやマイナンバーの登録もなければ、さまざまは規約書を読む必要もありませんし、

紹介した7ステップをふむだけで、楽天ポイントをつかったビットコイン投資を体験できるので、かなり使いやすいサービスだと思っています。

注意点

ポイントの上限

ポイントビットコインに追加できるポイント数には上限があって、合計30,000ポイントまでです!

上限ポイント数に達するまでは何度でも追加できますし、ポイントビットコインによって増えたポイントは上限ポイント数に含まれません

つまり、最初に30,000ポイント分をドーーンと追加した場合、その後は追加できず、増えたポイントビットコインを引き出すだけということです。

手数料

追加時は、楽天ウォレットが提示するビットコインの取引価格を考慮したポイント数が差し引かれて運用中ポイントに追加されます。

ポイントが差し引かれるというなので、手数料をとられているような感覚ですが、公式では『手数料は頂いていない』といっているので、FXでいうスプレッドに似たものが差し引かれている感覚ですね。

実際どれだけのポイントが差し引かれているのか?

実際どれだけのポイントが差し引かれているのかをみていくと、おもしろいことがわかりました。

100ポイント追加する場合、4ポイントが差し引かれるので、ポイントビットコインは96となります。つまり、4%差し引かれたことになります。

つぎに、1,000ポイント追加する場合、44ポイントが差し引かれるので、ポイントビットコインは956となり、4.4%差し引かれています。

100ポイント追加する場合

1,000ポイント追加する場合

気が付いたでしょうか!

100ポイントずつ追加するほうが、いっきに1,000ポイント追加するよりも、差し引かれるポイントの割合を小さくすることができます!
  • 100ポイント追加を10回して、合計1,000ポイント追加した場合の差し引かれるポイントは?
    • 100×0.04=4  4ポイント×10回=40ポイント
  • 一度に1,000ポイント追加した場合の差し引かれるポイントは?
    • 1,000×0.044=44 44ポイント

つまり、できるだけ小刻みにポイントを追加していくと、お得にポイントビットコインに追加できるということです。

まとめてたくさん買うほうが、通常なら手数料は少なくなると思うのですが、これについては逆のようです。

さいごに、ポイントビットコインから楽天ポイントに引き出しするのは、1ポイント単位から可能ですが、こちらに関しては、手数料はもちろん差し引かれるポイントはありません。

まとめ

2021年3月から、楽天のアプリ『楽天PointClub』を使って、ビットコインの取引体験が可能になる、【ポイントビットコイン】サービスが始まりました。

このサービスでは、楽天の通常ポイント(期間限定ポイントは✖)を使って、ポイントビットコインを追加することで、ビットコインの値動きの恩恵を受けよう、というものです。

追加できるポイントビットコインに30,000ポイントの上限はありますが、1年前の2020年3月からビットコインは500%を超えて上昇しているので、

仮に1年先も500%上昇すると計算した場合、1年後には150,000ポイントビットコインになっているかもしれません。

そして、増えた120,000ポイントを通常の楽天ポイントに引き出しても、いまの税制上、納税の義務は発生しません。

よって、本サービスをつかえば節税になる可能性が大きいと考えて、私はポイントビットコインのサービスを始めました。

このサービスを始めるには、マイナンバーや免許書の写しを送る等のわずらわしい作業はなく、たった7つのステップを踏むだけで開始できるので、誰でも始めやすいサービスだと思います。

しかし、必ずビットコインの価格が上昇する!と補償されているわけではないので、リスクとリターンを考慮したうえで、本サービスを利用するのかご検討ください。

コメント