楽天証券が少し使いやすくなりました -リコメンド機能-

少し前になるため すでにお気づきの方もいると思いますが

楽天証券では

2020年3月27日に国内株式と米国株式の個別銘柄ページに

この銘柄を見た方はこんな銘柄も見ています

というのがわかる リコメンド機能を追加しています

銘柄選定の参考にできると思うのですが

その使用感について綴っていきます

リコメンド機能リリース

その銘柄と一緒に見られることの多い他の銘柄上位10銘柄を表示

上図は銘柄を検索したあとの画面です

☐の場所をクリックすると

この銘柄を見た人はこんな銘柄もみていますの10選表示してくれます

リコメンドしてくれるのはとても参考になるのですが

銘柄の横に書いてある 

NYSE(ニューヨーク証券取引所)

NASDAQ(ナスダック)

の情報は私的には欲していなくて むしろ

ティッカーを表示してもらえるほうが とてもとても助かります

とくにETFは和名で表示されてもピンとこないです

検索結果は国内株式と米国株式を交えて表示

例えば 米国株アップルを検索すると

リコメンド銘柄に国内株であるソフトバンクグループがピックアップされています

このように国内および米国株式を混ぜて表示してくれます

でも実際使った感じは

多くは 国内株式を見ていたら国内株式がリコメンドされ

米国株式をみていたら米国株式がリコメンドされている印象です

銘柄とミニチャートが表示されるのでその銘柄の動向も直感的に掴める?

ミニチャート(日足 3カ月)

リコメンドされた銘柄の横にミニチャートが表示されています

チャートは日足で3か月分がみえるようになっているのですが

正直 づらいです

せめて 移動平均線を消して ティックで表示してもらえるほうが

値動きが直感的にわかりやすいと私は思うのですが…

まとめ

銘柄検索するときに

他の投資家がどのような銘柄をみているのか?気になっていたので

今回のリコメンド機能はとても参考になります

ただ ティッカー表示されていなかったり

せっかくのミニチャートも見づらくてあまり参考にはできません

よって まだ改良の余地があると考えています

コメント