【finviz】をつかえばセクター別のパフォーマンスがすぐにわかる

個別株投資をしていくなかで、伸びているセクターについて知りたい時ってあると思うんですよね。

例えば、直近の1週間でパフォーマンスのよかったセクターは?とか、

年初来でもっともパフォーマンスのよいセクターは何かな?とか、知りたくなる時ってないですか?

私はそういった経験があります。

しかし、上記の1週間や年初来なら、まだ情報として出回りがちなのですが、1カ月や3カ月といった期間になると、情報があまりでまわっていません。

そこで今回の記事では、各時間軸ごとのセクター別パフォーマンスを知る簡単な方法として、【finviz】の使い方を紹介していきます。

【finviz】は、米国株のスクリーニングツールとして有名です。

そして最後には、知ることのできたパフォーマンスの良いセクターに投資をするには、どうすればよいのか?っということも書きましたので、最後まで読んでもらえると嬉しいです。

【finviz】をつかえばセクター別のパフォーマンスが秒殺でわかる

finviz】をつかって、セクター別のパフォーマンスを調べていきたいと思います。

操作はたったの1~2クリックで済みます。

まずは、 【finviz】 のホーム画面に移動してください。こちら

そしたら、やや上方にある【Groups】をクリックしましょう。

たったこれだけです。

この作業だけで、 セクター別のパフォーマンスを知ることが出来ますし、1日間や1週間、1年間や年初来など、さまざまな期間についてのセクター別パフォーマンスも知ることができるので、結構便利だと思います。

1ヵ月、3カ月、半年など異なる期間ごとのセクター別パフォーマンスがわかります

ちなみに2021/7月末現在、1日~1年間のすべての期間において、もっともパフォーマンスの良かったのは、『コミュニケーションサービス』セクターでした。

これだけで終わっては面白くないので、せっかくコミュニケーションサービス セクターが、ここ最近パフォーマンスの良いことがわかったので、同セクターをもう少し掘り下げたいと思います。

コミュニケーションサービス セクターをスクリーニングする

先ほど【Groups】をクリックして表示させたグラフで、掘り下げたいセクターをクリックしましょう。

ここでは、【Communication Services】をクリックします。

知りたいセクターの文字またはグラフのバーをクリックしましょう。

すると下の写真のように、コミュニケーションサービス セクターに該当する銘柄と、そのチャートが表示されます。

これだけではあまりにも銘柄が多すぎるので、絞り込む必要があります。

例えば、アナリスト推奨が【強い買い】や、今年のEPS成長率が25%以上の銘柄、などと言った感じです。

今回は、時価総額の大きい銘柄に絞り込んで(スクリーニング)いきますね。

それでは、【Market Cap.】のプルダウンメニューの中から【Mega($200 bln and more) 】を選択してください。

すると、7つの銘柄に絞られます。(2021年7月現在)

  • 【CMCSA】コムキャスト
  • 【DIS】ウォルト・ディズニー
  • 【FB】フェイスブック
  • 【GOOG】アルファベット クラスC
  • 【GOOGL】アルファベット クラスA
  • 【NFLX】ネットフリックス
  • 【VZ】ベライゾン・コミュニケーション

表示されているチャートは約10か月間という中途半端な期間ですが、

  • 【CMCSA】コムキャスト
  • 【FB】フェイスブック
  • 【GOOG】アルファベット クラスC
  • 【GOOGL】アルファベット クラスA

の4つの銘柄については、右肩上がりの成長を続けていることを、ひとめで確認できました。

よって少なくとも、この4つの銘柄に投資をすることができれば、コミュニケーションサービス セクターの成長を享受できるかもしれません。

あと【DIS】ウォルト・ディズニーも、ほぼ右肩上がりではありますが、デルタ株を中心とした新型コロナウイルス感染拡大を背景に、世界のディズニーランドやディズニーワールドでの収益が伸び悩む展開が予想されるので、簡単に株価上昇とはならないと思います。

まとめ

この記事では、各時間軸ごとのセクター別パフォーマンスを知る簡単な方法として、【finviz】の使い方を紹介しました。

【finviz】はスクリーニングツールとしての使い方が一般的なので、今回のようにスクリーニング以外の使い道もあるということは、知っておいて損はないと思います。

ちなみに、今回コミュニケーションサービス セクターの中から時価増額の大きな7つの銘柄を取り上げましたが、

  • 【CMCSA】コムキャスト
  • 【DIS】ウォルト・ディズニー
  • 【FB】フェイスブック
  • 【GOOG】アルファベット クラスC
  • 【GOOGL】アルファベット クラスA
  • 【NFLX】ネットフリックス
  • 【VZ】ベライゾン・コミュニケーション

【GOOG】アルファベット クラスC以外の6つの銘柄については、 PayPay証券でも買付することができます。

それにPayPay証券では、1,000円から株主になることができるので、手軽に日米の株取引を体験できますし、不定期で送られてくるメールには決算情報の要約などがあることから、私はけっこう重宝している証券会社です。

米国株
シェアする
\ Follow Me /
アラガキの高配当株投資

コメント