割安な情報・通信銘柄はどれだ!【理論株価で評価する】

菅首相の鶴の一声

『日本の携帯電話の料金が諸外国よりも高すぎます!』

で、情報・通信銘柄が軒並み株価を下げています。

情報・通信銘柄は比較的高配当な名柄が多いため、これを機にどれか買付けたいと思っています。

そこで、どこの銘柄がもっとも割安なのかを、見ていきたいと思います。

私が最近割安性を評価するのに、GMOクリック証券のツールを使うことがトレンドになっているので、今日もそのツールを使った理論株価で、銘柄の割安性を評価したいと思います。

割安な情報・通信銘柄はどれだ!【理論株価で評価する】

日本電信電話【9432】

日本電信電話はつまり、NTTのことであり、NTTドコモの親会社です。

51%とスーパー割安状態です。

閉店一時間前のスーパーのお惣菜状態。9月初旬に売られている夏物衣類スーパーセール状態。

aragaki
aragaki

めちゃくちゃお買い得じゃないですか!!!

詳しく企業分析をしたくなりました。

KDDI【9433】

22%割安とまずまずな結果です。

鶴の一声がなければ、フェアバリューだったと思います。

KDDIについては、以前に企業分析をしたことがあるのですが、こちらは優良企業ですので、割安なうちに買付を検討する価値があると思います

ソフトバンク【9434】

フェアバリューの結果。以上です。

NTTドコモ【9437】

こちらもフェアバリューという結果になりました。

有利子負債が5社の中で最も少ないですね。

ちなみに携帯電話3大キャリアのなかで、NTTドコモがシェアトップです。

aragaki
aragaki

こういう銘柄を割安なタイミングで買いたいのにな~

沖縄セルラー【9436】

フェアバリューとなりました。むしろちょっと割高です。

でも、2020/9/22現在、配当利回りは3.56%なので、配当利回りは比較的高めの水準を保っています。

まとめ

GMOクリック証券の分析ツールである理論株価を使って、情報・通信業の中から5社の銘柄の割安性を評価しました。

その結果、注目できる銘柄は

割安・通信銘柄は…
  • NTT 51%割安   配当利回り4.22%
  • KDDI 22%割安   配当利回り4.19%

となりました。

NTTについては、まだ記事にできていないのでKDDIと比較した記事を書きたいな、と思っています。

最後に、今回情報・通信銘柄の中から5社を選定して、GMOクリック証券の銘柄分析ツールだけをつかって割安性を評価していることを、ご理解ください。

コメント